めんどくせぇことばかり 左翼ジャーナリストが使うひどい言葉 『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』 仲新城 誠
FC2ブログ

左翼ジャーナリストが使うひどい言葉 『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』 仲新城 誠

2011年から2012年にかけて、八重山が日本全体の注目を浴びた。最初、問題の所在がどこにあるのか、私にははっきり分からなかった。要は、2011年の9月、正規の手続きで決定された育鵬社版公民教科書に対して、八重山採択地区協議会内の一地区である竹富町教育委員会が反旗を翻して東京書籍版公民教科書を採択したことにはじまる。これ自体、大したことではない。非は竹富町教委にあり、しかるべき機関から指導が入り、竹富町教委がそれを撤回すれば済む話だ。ところが沖縄ではそうはならず、問題は複雑化した。

全国紙でも大々的に取り上げられるようになったのは、沖縄県教育委員会が竹富町教委の立場に立って仲裁に入り、育鵬社版公民教科書の‘逆転不採択’を決定したあたりからである。さらに裁定は文科省にも持ち込まれ、‘逆転不採択’を無効としたにもかかわらず、竹富町教委がそれを取り下げなかったこと。文科省が‘教科書無償配布’の枠外を認めて、独自予算による東京書籍版公民教科書に道を開く流れにつながっていく。この間、沖縄のマスメディアは一貫して育鵬社版公民教科書、ひいては育鵬社そのものと、それを採択しようとすること自体を取り上げて騒ぎ立て、沖縄ゆえのわがままを押し通して、‘教科書採択’、‘教科書無償配布’という制度そのものの土台を揺るがせることに、その力を発揮し続けた。
『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』 仲新城 誠『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』 仲新城 誠
(2013/02/28)
仲新城 誠

商品詳細を見る
沖縄と八重山の無法イデオロギー

上記の本は、この顛末に関して大変わかりやすく、詳しく書かれている。さて、著者は現在八重山日報の編集長。八重山日報は石垣市、竹富町、与那国町で購読されるローカル紙で、発行部数は6000部。八重山地区における大手には八重山毎日新聞があり、1万4000部。「県紙」と呼ばれる沖縄全域をカバーする新聞は沖縄タイムスと琉球新報で、2社合わせて30万部。この出来事において、八重山毎日、沖縄タイムス、琉球新報は、八重山採択地区協議会が育鵬社版公民教科書の採択を決める前からその批判を始められた。批判は育鵬社版の採択を主導した石垣市教育長玉津博克はじめ、育鵬社版に手を上げた地区協議会メンバーへの個人攻撃も辞さない激しいものとなった。自らのイデオロギーのみを正義とする批判は、その対象を悪と決めつけるもので、個人攻撃を受けた者たちの人権を踏みにじることなど、正義のイデオロギーの前には少しも考慮されるところは感じられない。

日本への編入から沖縄戦、アメリカ軍政下から復帰後の米軍基地の居続けまで、一貫して被害者の立場を強調する沖縄民族主義こそが彼らの正義を支えるイデオロギーである。育鵬社版に書かれた“国境”の問題、つまり尖閣をめぐる支那、台湾との角質は、“日本国”としての問題であり、彼らのルサンチマンをエネルギー源とする民族主義からすれば、決して相容れることのできない存在でしかない。正義を背負ったジャーナリストは、全身全霊を込めて悪を叩く。本書に登場する、それらの言葉を紹介する。正義のジャーナリストと、正義の教育者の、正義の言葉の数々である。
沖縄タイムス
連載『ゆれる「国境の学び」』 2011・8・1~
  • [育鵬社の歴史教科書は、軍が住民の集団自決に関与したことを隠蔽していると断じ、]日本の侵略戦争や植民地支配の加害責任に向き合う歴史記述を『自虐史観』とする歴史修正主義[と位置づけた]。
  • 八重山では沖縄戦記述を歪めた教科書の採択される可能性が増している。
  • 中国や台湾を敵視させるような雰囲気の教科書で教えるのは良くない。
社説 2011・8・17
[改革は]『新しい歴史教科書をつくる会』系の自由社、育鵬社の選定を想定しているのではないかとの疑念が広がる。『愛国心』を強調する両社の歴史教科書では沖縄戦の『集団自決(強制集団死)』について日本軍の関与には触れていない。原因を米軍に求める記述がなされ、沖縄戦の実相からかけ離れている。

『教科書の岐路 八重山の選択』
石垣町教育長の玉津博克は、集団自決の体験者と面会した際、体験者の体験談を表情も変えずに聞いていた。

『八重山教員に危機感「戦争に向かわせる教科書」』(8・17第二社会面)
『教科書選定「憂慮」相次ぐ 退職教員ら4団体声名』(8・19一面トップ)
『史実歪曲 我慢ならん 「集団自決」体験の吉川さん』(8・20社会面トップ)
『杉並・横浜から八重山注視 市民団体、「偏った歴史観」に反対』(8・23第二社会面)

社説 2011・8・24
  • 十分な説明や議論もないままの突然のルール変更、調査員が推薦していない教科書の選定。全てはこのためだったのかと結論ありきの感が拭えない。
  • 認識の偏りなどから、『つくる会』系の教科書を採用している自治体は、全国的に見ても少ない。その中で、なぜ八重山で唐突な動きがあったのか。次々と明らかになる同地域への自衛隊の配備計画と、今回の教科書問題が見えないところでつながっているのではないか。

琉球新報
2011・8・16
[自由社、育鵬社の]教科書は、『愛国心』を強調し、沖縄戦の『強制集団死』(集団自決)への日本軍の関与に触れない記述を貫き、他の五社と一線を画す。こうした特定の教科書の採択を初めから意図した『改革』なのか

『生徒は大人の背中を見ている』 2011・9・1
肝心の子どもたちやその保護者が置き去りにされ、その教科書を選ぶかという教育の課題が政治・社会問題化している。

『八重山協は「意図的」選定で緊急アピール』(8・16一面)
『「史実を伝える教科書を」戦争体験者が訴え』(8・16社会面トップ)
『戦前回帰の教育懸念 現場意見無私を憂慮』(8・21社会面トップ)
『「軍隊の実態伝えて」 八重山教科書きょう選定』(8・23社会面トップ)

住民の会、沖教組八重山支部、沖縄県退職教職員会の抗議声明
  • なんと非民主的で独断的な暴挙だろうと怒りを禁じ得ません。調査員からの推薦もなかった教科書が選定されるのは全国でも例を見ない異常な選定。県民、国民への大きな挑戦
  • 基地問題から子どもたちの目をそらそうとする意図が見え隠れする。日本国憲法や基本的人権などの権利を軽視し、沖縄の米軍基地に関してまったく触れられていない教科書
  • 憲法9条を改正し、戦争のできる国造りへと誘導し、国民より天皇と国家を優先する内容
両紙とも、育鵬社版が選定された直後、協議会の委員名を実名で報道した上で、誰がどの教科書に投票したのかを明らかにする記事さえ掲載した。

『新・沖縄ノート―誰も語れなかった沖縄の真実』 惠隆之介『新・沖縄ノート―誰も語れなかった沖縄の真実』 惠隆之介
(2011/12/21)
惠 隆之介

商品詳細を見る
著者はいま、沖縄の教育界、言論界では少数派として苦戦を強いられている。彼の戦いの対象は、沖縄県教職員組合、地元マスコミを主体とする極左勢力による異常なまでの言論統制である。話題になった“教科書採択”に関わる問題は、沖縄における“言論統制”を全国に明らかにした点においても重要であった。それら極左勢力に、支那が盛んに働きかけている。

 
「沖縄ノート」と間違えないで。この『新・沖縄ノート』こそ、本当に沖縄のことを考えぬいた、沖縄人の書いた本だと思います。各章とも大変面白いが、第3章の「歴史のなかに見る沖縄の姿」が大変重要であると感じました。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事