めんどくせぇことばかり “知の封印”からルネサンスへ 『17歳のための世界と日本の見方』 松岡正剛
FC2ブログ

“知の封印”からルネサンスへ 『17歳のための世界と日本の見方』 松岡正剛

“知の封印”からルネサンスへ
われわれは、自分たちの民族の遠い記憶を、長らく神々の物語に託して継承してきた。やがて制度化され組織化され、宗教としての体裁が整ってくると、神はヴァーチャルではあるけれど、全知全能の存在になって、現代社会の中心としてそこかしこに君臨している。

とくにユダヤ=キリスト教においては、「知」は全知全能の神から流出してくるものと考えられた。それを受けて、人間社会には神学が体系化され、神の知の管理センターとしての教会や修道院が発達していった。
『17歳のための世界と日本の見方』 松岡正剛『17歳のための世界と日本の見方』 松岡正剛
(2006/12/25)
松岡 正剛

商品詳細を見る
-セイゴオ先生の人間文化講義- セイゴウ先生は1944年生まれの日本文化研究第一人者だそうです

ただし、ヨーロッパのすべてが、たったひとつのキリスト教型の「知」だけで保たれていたわけではなかった。とくに、教父たちが管理した聖書型の知の体系とは別の、もう一つの知が、キリスト教的な知と融合したり対抗したりしながら、ヨーロッパの人間文化を根底から揺さぶっていた。

「異教の知」である。イスラム教の知であり、またキリスト教によって封印されたさまざまな民族や宗教の知であり、神秘主義の知であった。

十二~十三世紀頃の教会の建築様式を「ゴシック」という。サン・ドニ教会、ノートルダム寺院、ケルン大聖堂が有名。いずれも尖頭アーチが天空に伸び上がった、巨大で壮麗なカテドラルである。高窓には色とりどりのステンドグラスがはめ込まれ、建物の内外とも装飾彫刻が施されている。

「ゴシック」とは、「ゴート人」っぽいという意味で使われた言葉である。「野蛮な異教徒たちの形式」というイメージさえある。キリスト教は、こういった外部から持ち込まれた異郷の知を内部に取り込みながら、徐々に論理や情報戦略を強化していくのである。端的に言えば、ルネサンスとは、この異教趣味にかなり傾いたところから出てきた文化洋式である。

そもそも中世のキリスト教は、人間が人間のことや自然について探求したり思索したりするような「知」を禁じていた。アダムとイブがエデンから追放されたのは、禁断の林檎を食べたからだが、あれは人間が知らなくてもいいことを知りたがった、という意味だ。

キリスト教が封印した「人間らしい知」は、ヨーロッパの古代の地層の中に眠っていた。古代ギリシャ・ローマの知である。それらはイスラム文化圏にアラビア語で保存、継承されていた。

十二~十三世紀、トマス・アクィナス、ロジャー・ベーコン、ドゥンス・スコトゥスらが、これらに立ち向かった。ラテン語という特殊な言葉を用いて、独自の学問体系を作り上げた。彼らの努力で、プラトン、アリストテレスの哲学がキリスト教哲学に融合させられていった。この融合が進められていた十三世紀半ば、ちょうどゴシック建築の時代に当たる。

  

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事