めんどくせぇことばかり 『嘘だらけの日米近現代史』 倉山満
FC2ブログ

『嘘だらけの日米近現代史』 倉山満

この本は、宮脇淳子氏の『真実の満州史[1894-1956]』の中で、‘若いけれどもものすごく博識の友人倉山満氏’の本として紹介されていました。

以下、2012年11月16日の記事を、加筆修正したものです。
『嘘だらけの日米近現代史』 倉山満『嘘だらけの日米近現代史』 倉山満
(2012/09/01)
倉山 満

商品詳細を見る
たった一度、戦争に負けたくらいで縮み上がるなど、先人たちに申し訳ない

日米間に構築されたさまざまな“通説”の壁を、筆者が次から次へとぶち壊していく。崩れた壁の向こうには、新たな世界が広がる。それこそが、かつて世界を相手に自分の足で立ち、アジアを背負って踏ん張っていた先人たちが見ていた世界である。

第一章の中から、筆者がぶち壊した壁の向こうの世界を、ほんの幾つか紹介します。
  • イギリスの落ちこぼれが大西洋流され、ヘロヘロでアメリカ大陸にたどり着いた。それがメイフラワー号。
  • 一七八三年に誕生したUnited States of Americaは、アメリが合衆国ではなく、アメリカ連邦。今のEUみたいなもの。その憲法と言われるのは十三の州が結んだ条約のようなもの。
  • 一八一二年、イギリスがナポレオン戦争に忙しいのに乗じて、アメリカ連邦が英領カナダに侵略を行った。一八一四年、イギリスの返り討ちにあったアメリカは、大統領官邸まで焼き討ちされた。最後の戦いでアンドリュー・ジャクソン将軍が勝利を納めて体面を施したと言われているが、それは条約が結ばれたあとのだまし打ち。
  • リンカーン大統領はただの極悪人
  • 北部の黒人差別はもっとひどい
  • 南北戦争は、アメリカ連邦(北)によるアメリカ連合(南)への侵略戦争。
  • 敗れたアメリカ連合は破壊しつくされ、これをもってUnited States of Americaは再構築された。これが統一国家としてのアメリカ合衆国の始まり。

ほんの二〇ページの第一章の中だけで、これ以上のことが語られている。とても充実した本です。

アメリカをこき下ろすことを目的として書かれた本ではありません。日本人の覚醒を促す本です。ただし、アメリカはその建国の段階において、歴史を改ざんしている。ピルグリム・ファーザーズなんて言葉で飾ってみても、所詮はエリザベス1世に追い詰められた偏屈者。

さらに嘘の最たるものは、“日米戦争における米国の行動は正当なものである”という嘘。“日本=悪 日本=弱 日本=卑怯”という嘘。嘘は、嘘を重ねることでしか、その発覚を免れることはできない。

最近は、韓国や支那がアメリカに同じ匂いを嗅ぎとって、事あるごとにアメリカの力を日本に向けてほのめかす。アメリカも辟易としているように見えるが、それは、自業自得。ただし、彼らは嘘つきの天才だから、同調しない方が身のため。それとも、もしかしたらアメリカのほうが上手・・・?

日ごろ、韓国や支那の歴史の捏造に悩まされる私達日本ですが、彼らは巧妙に、アメリカの嘘を土台にしている。だから、韓国や支那の歴史に捏造を追求していけば、アメリカの嘘にぶち当たる。アメリカの嘘をぶち壊すつもりでないと、韓国や支那の嘘にすら立ち向かえないのが日本だ。そしてそんな度胸なんてさらさらないのが、今の日本。


「よくそれで生きてこられたな」
・・・とは、日本のことです。

それこそ昭和四〇年代まではアメリカのことを「番犬様」と呼ぶ心の余裕、心のどこかで「たまたま一回負けただけで、別に民族として我々が劣っているわけでも何でもない」という意識が日本人の大半にありました。ところが、今や国そのものが戦力外通告のような状態です。
私たちは、つくづく本当の歴史を学ばなければならないし、本当の歴史を血とし肉としなければならないな。

    
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
これはまた面白そうな本ですね。
私はインディアン関係を読んでいて知ったんですが、北部アメリカの連邦制は「イロコイ連邦」からヒントを得たそうですね。
入植したピューリタンは食糧難に陥りインディアンに栽培法を教わってもいる。
どちらが「近代化」した民族だったんだかって感じです。

紺屋の鼠 さま

宮崎淳子氏のおすすめだけありますね。
とても面白かったです。
橋下発言が問題視されてますね。
完全にマスコミの誘導です。
でもそれに流される人に多いのにはビックリ。
こういう本読んで欲しいなぁ。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事