めんどくせぇことばかり 『ヒゲの隊長 絆の道』 佐藤正久原作
FC2ブログ

『ヒゲの隊長 絆の道』 佐藤正久原作

奥大使遺稿「イラク便り」に寄せての川口大臣メッセージ

 私たちの同僚である奥克彦大使、井ノ上正盛一等書記官とジョルジース・スレイマーン・ズラ運転手の三人は、11月29日、イラクのティクリート南方で、何者かの襲撃により亡くなられました。
 厳しい環境の中で、日夜粉骨砕身、イラク復興のため懸命の努力を続けていた仲間を失った怒りと悲しみに胸が張り裂ける思いです。ご遺族の皆様のご心痛とご無念をお察し申し上げ、謹んでお悔やみ申し上げます。三人のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご功績に心からの敬意と感謝を捧げます。
 私たちにとって、今回の事件は痛恨の極みとしか言いようがありません。しかし、これによって、「テロに屈せずイラクの復興支援に積極的に取り組む」との我が国の基本方針が揺らぐことはありません。今、私たちがなすべきことは、亡くなられた方々の御遺志をしっかりと胸に刻み、受け継いでいくことです。それこそが最大の供養であり、私たちの責務です。
 奥大使は、本年4月より亡くなられる2日前までイラク復興の現場での思いを是非日本の皆様に知っていただきたいと、激務の合間をぬって、「イラク便り」を71回にわたり書きつづり、本ホームページにて皆様に読んでいただいてまいりました。
 「イラク便り」には、奥大使の熱い思いが溢れています。一人でも多くの方にお読みいただくことにより、奥大使の気持が皆様に届くことを願ってやみません。また、数多くの日本人が世界のさまざまな場所で厳しい環境に耐えながら使命感に燃えて、日本のために日夜奮闘していることにも思いをいたしていただければ幸いです。

2003年12月1日  外務大臣 川口 順子

                                                                                                                 外務省HPより           
『ヒゲの隊長 絆の道』 佐藤正久原作『ヒゲの隊長 絆の道』 佐藤正久原作
(2013/04/25)
佐藤 正久、加藤 礼次朗 他

商品詳細を見る
~果たしたい約束がある~

原作の佐藤正久氏は、昭和35年生まれ、私と一緒。防衛大出身の陸上自衛官で、最終階級は1等陸佐。平成16年からの自衛隊イラク派遣では先遣隊長、第一次復興業務支援隊長を務める。平成19年に退官し、同年、参議院議員選挙に自由民主党全国比例区から出馬して当選。元陸上自衛官の国会議員として活躍するとともに、国民に生の情報を発信し続けている。
序章   「ありがとう 自衛隊」~絆の原点~
第一章 「果たしたい約束がある」~奥克彦氏との出会いと別れ」~
第二章 「ヒゲの隊長 イラク奮戦記」~アンダースタンドの精神~
第三章 「政治家としてなすべきこと」~自衛隊が抱えるジレンマ~
第四章 「‘絆’の道を行く」~子どもたちの笑顔が輝く未来を~
     

外務省参事官、奥克彦氏と佐藤正久氏との間にこのような交わりがあったとは・・・。‘熱き思い’とは、こうして人から人へ、人と人の‘絆’を通して伝わっていくものなんですね。

今回、漫画という手法をとったのは、これまで政治や国防にまったく興味を持っていなかった人たちにも、漫画によってより読みやすくすることで、ご自分の思いを少しでも伝えて行きたいということのようです。

たしかにこの漫画によって、著者の思いの‘中心核’をなす部分は、かなり強烈に伝わるだろうと思います。しかし、残念ながら内容が薄すぎるように思う。結果として、‘佐藤正久’という人間の個性が表面に現れすぎ、自己PRのような一冊と受け止められてしまうことになるのではと心配です。奥参事官が外交官としてどのような活動をされてきたか。また、イラクにおける第一次復興業務の取り組みについて、ここの隊員の行動や家族との絆。漫画での表現は難しくなるのかもしれないが、挑戦してほしかったなぁ。


   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事