めんどくせぇことばかり 『TPP 黒い条約』 中野剛志・編
FC2ブログ

『TPP 黒い条約』 中野剛志・編

『TPP 黒い条約』 中野剛志・編『TPP 黒い条約』 中野剛志・編
(2013/06/14)
中野 剛志、関岡 英之 他

商品詳細を見る
衰退するアメリカ。そのアメリカ依存から抜けられない日本。
第一章 世界の構造変化とアメリカの新たな戦略
中野剛志
主な著書に、20万部を超えるベストセラーになった『TPP亡国論』。山本七平賞奨励賞の『日本思想史新論』など

第二章 米国主導の「日本改造計画」四半世紀
関岡英之
主な著書に、年次改革要望書による米国の内政干渉を世に知らしめた『拒否できない日本ーアメリカの日本改造が進んでいる』など

第三章 国家主権を脅かすISD条項の恐怖
岩月浩二
弁護士。議員連盟“TPPを慎重に考える会”の勉強会に講師として招かれ、ISD条項の危険性を訴え、注目を浴びる。

第四章 TPPは金融サービスが「本丸」だ
東谷暁
主な著書に、『間違いだらけのTPPー日本は食いものにされる』、『郵政崩壊とTPP』。共著に、『“TPP開国論”のウソー平成の黒船は泥舟だった』など

第五章 TPPで犠牲になる日本の医療
村上正泰
山形大学大学院医療系研究科医療政策学講座教授。著書に、『医療崩壊の真犯人』

第六章 日本の良さと強みを破壊するTPP
施光恒
九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。著書に、『リベラリズムの再生ー可謬主義による政治理論』。共著に、『ナショナリズムの政治学ー規範理論への誘い』など

第七章 TPPは国家の拘束衣である
柴山桂太
滋賀大学経済学部社会システム学科准教授。著書に、『静かなる大恐慌』。共著に、『グローバル恐慌の真相』ほか多数


「アメリカが日本をっ徹底的に搾取しようとしている。それがTPPの正体だ」

今現在、TPP参加に賛成だろうと反対だろうと、ここで立てられた上記の命題に異議を申し立てる人がいるのか。だとしたら、急いでこの本を読むか、そうでなければ議論の場外にいたほうがいい。テレビやラジオのニュースじゃダメ。“TPPは農業問題”なんて、ウソ言ってるから。

この本は、上記の視点から、これまでTPPに警鐘を鳴らし続けてきた中野剛志はじめ七人の論客が、交渉本格参加を目前に行なった最終弁論。

昨日のブログ記事は、本書第二章“米国主導の「日本改造計画」四半世紀”の覚え書き。編者の中野剛志さんの意見は第一章に表明されている。自分にはない視点があって、しかも納得させられる意見で、大変面白い。また、第六章、施光恒さんの「日本の良さと強みを破壊するTPP」も面白かった。大変勉強になった。これらの点、また覚え書きで残したいと思う。

それでも私は“TPP容認”の立場です。

   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧



関連記事

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事