めんどくせぇことばかり 反日のプロパガンダ 『嘘だらけの日中近現代史』 倉持満
FC2ブログ

反日のプロパガンダ 『嘘だらけの日中近現代史』 倉持満

張学良が蒋介石に服従して国民党政府に鞍替えして以降、満洲における日本への挑発行為は急激にエスカレートしていった。支那では国内で、常に熾烈な権力闘争が行われている。彼らが外に向けて攻撃的な姿勢をとるのは、権力闘争の結果、内政が混乱していることに対する人々の不満を外に逸らすためである。それが日本に向けられた。

ところが、「日中友好」を金科玉条とする幣原喜重郎外相下の外務省には、挑発行為で追い詰められた日本人の利益を優先するような考えはさらさらなかった。事実、満足に抗議すら行われていない。

仮に、形式的に抗議を行なっても、帰ってくるのは日本への責任転嫁だけである。支那人は常に、
「自分たちは日本に侵略された被害者だ」と開き直った。そして平素から、国際社会への宣伝だけは怠らなかった。そのため、日本がいかに誠実な姿勢で外国との交際を続けても、国際世論において、常に悪者にされた。
(第四章『満州事変で騙される日本』より、一部要約)
『嘘だらけの日中近現代史』 倉持満『嘘だらけの日中近現代史』 倉持満
(2013/06/01)
倉山 満

商品詳細を見る
『嘘だらけの日中近現代史』っていう題名が、すでに“嘘だらけ”…これ、著者が言ってんのよ。


冒頭の文章、なんだか現在の韓国と日本の関係を解説しているように聞こえませんか。

7月28日日曜日に、行われたサッカー東アジア杯日韓戦。会場には『歴史を忘れた民族に未来はない』と記した大きな横断幕が登場しました。ロンドンオリンピックで日本に勝った韓国選手が、竹島問題を取り上げたプラカードをかざして観衆にアピールしたことが、スポーツを政治利用したという観点から非難されたことを、もう忘れてしまったのでしょうか。

【日韓戦・日本非難の横断幕】日本協会が東アジア連盟に抗議文提出
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130729/scr13072912570011-n1.htm
横断幕 

しかし、韓国での論調はまるで逆。

日本が韓国のホームで『迷惑セレモニー』
http://www.hoshusokuhou.com/archives/30058073.html

「“戦犯旗”旭日旗の応援はFIFA規定違反の疑い」韓国が指摘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130729-00000023-scn-spo

アシアナ機事故に見る韓国人の国民性 真実の究明より“工作”とは…
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130725/frn1307250733000-n1.htm

自分たちこそが“被害者”であるという視点は、あらゆることに優先するようです。加害者である日本人は、被害者である韓国人に何をされても文句を言える立場にはない、ということですね。呆れ返りますが、これが現状です。韓国人には、自分が人にどれくらいひどいことをしているかという視点が完全に欠落しています。

冒頭に紹介した、第四章『満州事変で騙される日本』では、次のように続きます。
幣原喜重郎に代表される典型的日本人は、相手と直接話し合って解決しようとする。一方、中国人は、国際社会に日本の非道を徹底的に訴えるから、日本は常に出遅れる。かくして、「日本悪魔化」が完了し、国際世論は日本の敵となる。

「古い封建的軍国主義の日本が、若い成長期の民主主義国である中国を侵略している」といった類の宣伝がばらまかれ、「こんなデタラメを信じる馬鹿はいない筈だ」と思っているうちに、当時のアメリカ世論は信じてしまった。

これって、まったく、現在の韓国のことを言ってませんか。日本と話しあおうともせず、一方的にデマを垂れ流す。「こんなデタラメを信じる馬鹿はいない筈だ」と思っていたら、アメリカが信じてしまった。

【米グレンデール市】建立に反対した日系市民は歴史教育を受けていない少数の極右民族主義者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00000003-yonh-kr

“いない筈の馬鹿”がアメリカにはいました。アメリカにいる“いない筈の馬鹿”が昔のように多くないといいんですけど・・・。

   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧





関連記事

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。

特アのやる事は昔も今も一緒ですね。
しかし学習効果のない日本政府も日本人も相当なものですよ。
韓国人は仕方ない。
国内的には何時でも被害者になるのが常とう手段ですから。
他国がどう思おうが国内的に被害者ならそれでいい国ですから(笑)
アホ丸出しの国です。

hachiman01 さま

「そんな馬鹿な話を真に受ける奴はいない」と言ってるうちに、蒋介石のプロパガンダにやられちゃいましたからね。
“そんな馬鹿”がいたわけです。
そして今度も・・・、アメリカ西部の方に・・・

支那・韓国の異常な反日教育を、やめさせる手を打つべきなんじゃないでしょうか。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事