めんどくせぇことばかり 竹島で殺された日本人…【戦時徴用…日本企業に賠償求める判決】によせて
FC2ブログ

竹島で殺された日本人…【戦時徴用…日本企業に賠償求める判決】によせて

山陰中央新報 平成25年8月3日
談論風発:李承晩ラインについて/日本漁船拿捕が問うもの
              島根県竹島問題研究顧問 藤井賢ニ
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=540490035
 
なんか、<無断転載禁止>ということなので、全文紹介できないのがとても残念。「李承晩ラインについて/日本漁船拿捕が問うもの」という題名から、“いったい、いつ書かれたもの?”とか、“何をいまさら?”なんて声が聞こえてきそうなんだけど、正真正銘、8月3日の署名記事。結びに、以下のようにあります。
この7月、韓国高裁は第2次世界大戦中に日本に徴用された韓国人労働者が日本企業に損害賠償を求めた訴訟で、新日鉄住金と三菱重工業に対し、韓国人の元徴用者に賠償を命じる判決を相次いで言い渡した。前述の合意議事録で「被徴用韓人未収金」や「戦争による被徴用者の被害に対する補償」について韓国は「いかなる主張もなしえない」と明記されていたのを無視する判決であった。日韓条約を順守して漁船拿捕による被害の補償を韓国に求めない日本との違いはあまりに大きい。われわれは、日本国憲法にいう「諸国民の公正と信義に信頼して」生きていくのは困難な世界にいることを忘れてはならない。
そう、この記事を書いた藤井氏は、韓国人が過去を忘れ、いや、過去を無視し、日韓関係における韓国人の意識の結晶としての《日本人は未来永劫韓国人に謝り続けなければならない》という誤った意識を、恥ずかしげもなくおもてに表し、しかも国家までもが同調している今の韓国であるからこそ、この記事を書いたのだろう。
ぜひ、読んでみてくださいね
sinbun.jpg

以前、同様の記事を書きました。2011/08/11と、2011/11/11の過去記事です。
2011/08/11
竹島
 
現在、韓国が専有。
武装警察官(独島警備隊)40名ほどが常駐して、日本の船舶は竹島の領海には入れない。

1946年1月29日 GHQ覚書 竹島に対する日本政府の施政権が暫定的に停止。
1946年6月22日 GHQ覚書によりマッカーサー・ラインが制定され、竹島周辺海域での漁業活動に制限。
1948年8月13日 大韓民国建国。初代大統領に李承晩就任。
1951年8月10日 「竹島は日本の領土」という米国政府の意向が韓国政府に示される。
1952年1月18日 韓国政府が李承晩ラインを一方的に宣言。
1952年4月28日 サンフランシスコ平和条約が発効。
1953年1月12日 韓国政府が「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の徹底拿捕を指示。以後、日本漁船の拿捕や銃撃事件が相次ぎ、日本の漁業従事者に死傷者が多数。
1953年4月20日 韓国の独島義勇守備隊が、竹島に初めて駐屯。
1953年7月12日 竹島に上陸していた韓国の獨島守備隊が日本の海上保安庁巡視船「へくら」に発砲。以後、韓国は竹島の武装化を進め、日本の船舶の接近を認めていない。
1954年8月15日 米国特売大使ヴァン・フリートが報告書を作成。竹島問題は国際司法裁判所を通じて解決されることが望まれるというアメリカ合衆国の意向を、非公式に韓国に伝達した等の事を大統領に報告。
1954年9月25日 日本政府は領有問題を国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案したが、韓国政府はこれに応じず。第2の侵略と抗議。
1956年4月   韓国警察鬱陵警察署警官8名が島に常駐。独島義勇守備隊は年内に解散。
1962年     日韓外相会談において小坂善太郎外務大臣が国際司法裁判所に付託することを再度提案したが、韓国側がこれを拒否。
1965年 日韓基本条約・日韓漁業協定が調印され、李承晩ラインが廃止。竹島問題は紛争処理事項であるとされたが、その後韓国は竹島の領有問題は紛争処理事項でないとの立場を取り、交渉に応じていない。
1965年までの日本側の被害
海上保安庁巡視船への銃撃等の事件 15件、16隻
拿捕された日本漁船 328隻
銃撃、追突による死傷者 44人
抑留された日本人 3,929人
抑留期間 1965年日韓漁業協定締結まで、最長13年間
抑留者解放の代償 日韓基本条約における、極めて韓国に有利な条件
在日朝鮮人犯罪者の釈放および、在留特別許可。その数472人

つまり、韓国は4千人に及ぼうという人質の命と引き換えに国交正常化(=身代金の支払い)を要求し、日本に妥協を迫った。「個人の賠償請求権は否定されない」などという論がたわごとにすぎないことは、この経緯を考えれば明らかです。彼らが、さらに「個人の賠償請求権」を要求するためには人質を取ることが有効なことは、彼ら自身がよく知っていることです。気をつけましょう。ったく、南といい、北といい・・・。
2011/11/11
竹島と、在日韓国/朝鮮人の犯罪


東海 “汚染の海”  浦項東 125㎞ 海域重金属基準値超過回復不能状態」でも書いたが、かつて竹島をめぐって日本人の血が流されたことを忘れてはならない。
韓国国会議員が竹島入り 日本の中止要請無視か 音楽会開催で実効支配誇示
このように、韓国が竹島の不法占領の既成事実化をここまであからさまに進めていこうとするなら、日本はその都度しっかり対応しなければならない。
そして大多数の日本人は、平和的な解決を望んで止まない。


在日韓国・朝鮮人の犯罪率  外国人全体・韓国朝鮮人・韓国朝鮮人以外の外国人比較[日本人を( 1 )とした場合]
          http://web2.nazca.co.jp/midorinosono/からお借りしました

 
国籍
犯罪
外国人全体在日韓国
・朝鮮人
韓国・朝鮮籍
以外の外国人
日本人     
刑法全体1.52.90.7
 凶悪犯全体1.83.20.9
    殺人1.72.81.1
    強盗2.44.51.1
    放火0.61.20.2
    強姦1.83.01.1
 粗暴全体2.34.50.9
    暴行2.24.11.0
    恐喝1.63.60.4
 詐欺   1.12.40.3
 横領0.81.90.1
 覚醒剤取締法2.55.00.8


ここにあげた、在日韓国・朝鮮人の高い犯罪率と竹島問題。
ここには関連があると、私は思っている。

1952年の李承晩ラインの宣言から1965(昭和40)年の日韓基本条約締結までに韓国軍は、ライン越境を理由に日本漁船328隻を拿捕、日本人44人を殺傷、3,929人を抑留し、海上保安庁巡視船への銃撃等は15件におよび、16隻が攻撃された。

日本は抑留者を取り戻すため、韓国政府の求めに応じ、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えた。


第023回国会 衆議院法務委員会 第3号(一部)
内田政務委員
先般来日本人の漁民で向うに抑留されておる者につきましては、これは、われわれの方から申せば、李ラインを越えたということ自体が何も違法ではないと信じておるわけでございますが、それを向うの法律によりまして刑罰に処しましたあと、向うの刑務所を出てきまして収容施設におる者、刑期を終った者までも引き渡さない。俗な言葉で申しますならば人質に取っておるという格好で、これの釈放と交換のような形で大村収容所の今申し上げましたような人間を国内において釈放しろという要求を出してきております。これは、われわれの観念からいたしますならば、本来の話の筋として全く間違っておるのみならず、われわれの角度から申しますならば、もちろん刑期が済んだ者なんだから日本人でも同じではないかというような議論もございますが、実際問題として、今の日本の状況におきましては、日本人でもなかなか就職などはむずかしいのでございますから、いわんや、こうした刑務所生活ばかりをやってきたような朝鮮人が就職いたすということはなかなか困難であります関係もございまして、こうした人々を無条件で釈放するというようなことは、ここに刑事局長もいらっしゃいますが、あるいは国警の方も治安関係の面で非常に強い反対意見を持っておられますし、またわれわれ入管の方の立場から申しましても、従来の韓国政府のやり方にかんがみまして、こういうことで一歩退いて一つの既成事実を作られますと、それを種にして将来非常に悪い朝鮮人でも退去させることができない、実際上これらの者に対する管理行政上非常な支障を来たすおそれがあるというようなことで、われわれ事務当局といたしましてはこれに相当な反対意見を持っておるというのが現在の状況でございます。
三田村委員
韓国側が引き取ってくれないとしますと、だんだんたまるばかりでありまして、どこにもはけ口がないというような問題が起きます。この問題をどう処理していくか。これは法律上の根拠も検討を加えなければならぬと思いますが、それと、一面、今内田局長が言われましたように、いわば相当悪質な朝鮮人、これを収容所から出すといたしますと、治安上の問題が起ってくるのであります。これは相当大きな治安上の問題が起って参りますから、法務当局としても十分お考えにならなければならぬと思う。この二つの面から、一体この問題をどう扱うかということは私は非常に重要だと思います。
牧野国務大臣
韓国の申し出は理不尽であります。理不尽であるから承知できないというだけじゃ問題は解決いたしません。でありますから、これに対しては、私は、委員会の皆さんと御相談して、お知恵を借りたい、そうして遺憾なきを期したい、相当な危険を冒してやるよりしょうがない、それまでの決心をいたしておるわけであります。
日本側が避ける問題ではないのは当然。
私たちの心にわだかまる、かつて流された日本人の血の代償は、けっして小さなものではない。
戦後、在日韓国・朝鮮人の横暴により流した日本人の涙の代償は、けっして小さなものではない。
    


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

                    
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事