めんどくせぇことばかり 『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
FC2ブログ

『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

金完燮著、2002年に韓国で出版、邦題「親日派のための弁明」という本の中から「キム・ソンス君の証言」より
和夫さんはとても人間への暖かい愛情を持った人であった。また、和夫さんの家族は、周囲に孤児がいると連れて帰って面倒を見ていたが、一人、二人と増えていき、1945年にはいつの間にか施設孤児院の規模にまで増えてしまっていた。

しかも、和夫夫婦はこの孤児達を家族のように愛し、自ら喜んでその子達の父母と名乗った。和夫一家は日頃から朝鮮人を愛し、日本の軍国主義を批判していた。だが、天皇の降伏宣言後、自ら育てた『朝鮮人孤児達によって、むごたらしく虐殺された』

和夫の孤児キム・ソンス君の報告

和夫さんが実の子のように育て、東京帝国大学まで留学させていた朝鮮人Aを中心に、和夫さんの家で教育を受け、成人するまで育ててもらった朝鮮人青年達が、カマとツルハシ、シャベルをもって、和夫さんのもとに押しかけた。当時、現場にいたキム・ソンス君は、この時の状況をこう語っている。

和夫:(優しい目で)何故こんなことを、お前たち。

朝鮮人A:チョッパリ!日本へ失せろ!失せろってんだ!!

和夫:(わざと怒り声で)「私が何かお前たちに間違った事をしたかい?お前たちは、みな私の子供達だし、私はこの家の家長でありお前たちの父親だ。お前たちの祖国が独立する事は、私も日頃から強く望んできた事だ。踊りたくなるような嬉しい日に、なんだって凶器を持って私のところに摘めかけてきたんだい?私はお前たちをこんな風に教育した覚えはない。(涙を流して)本当に悲しいよ、朝鮮の子供達。私は愛情を注いで育ててきたが、結局、日本人と朝鮮人は交じり合う事は出来無いということなのかい?お前たちが望むんなら、帰ってやろう」

朝鮮人A:意味深長な目配せをBに送る。(財産を全部処分して帰ったら、俺達はどうやって食ってくんだ?)

朝鮮人B:死ね!チョッパリ!!(日本人への蔑称)この糞野郎!!!

次々にツルハシが和夫さんの後頭部に振り下ろされ、それと同時にたくさんのシャベルとカマが体をズタズタに引き裂き始めた。和夫さんの妻は耐えられずに飛び出してきた。それまでじっとしていた朝鮮人Cは、和夫さんの妻を見ると、彼女の髪をつかんで庭の片隅まで引きずっていった。

そして、なんとその和夫の孤児達13人は、一週間前まで「お母さん」と呼んでいた“彼女を強姦し始めた”。彼女はひどい集団強姦の途中で虐殺された。朝鮮人Dは、普段、お母さんと呼んでいた彼女の“全身をめった刺し”にし、それでも足りずに“内臓をかき出して”撒き散らした。

和夫さんには「ひみこ」という娘が一人いた、普段から模範的で良い子だった「ひみこ」は、学校が終わって家に戻り、両親に起きた“惨状を”見ると、気が触れてしまった。当時、「ひみこ」の慟哭が何日も続き、近所の住民は眠れなかったという。その後、孤児となった「ひみこ」は、食べ物乞いに村を回ったが、誰一人見向きもせず、知らないふりをした。結局、「ひみこ」は9日後、村の橋の下でやせ衰えた死体となって発見された。「ひみこ」は小学六年生だった。和夫の財産は、和夫が精魂込めて大切に育てた朝鮮人孤児達(この恩知らずの鬼畜ども)の手に丸ごと渡り、この事件は、『村人達の沈黙の中で徐々に忘れ去られていった』

日本の敗戦後、南朝鮮地域では9月初めに第24軍団が進駐するまでの約1ヶ月、無政府状態の時期があった。その時、朝鮮に住むに日本人は米軍政府の命令に従って、日本に強制引き上げさせられた、その中には虐殺された日本人も多くいた。
『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ『竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記』 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
(2013/07/11)
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

商品詳細を見る
一九四五年七月二十九日、真夜中、母と姉と私は、竹林の中にある家や友人に永遠の別れを告げて、朝鮮北部の羅南から脱出した。

【和夫一家惨殺事件】や、それによく似た話を聞いたことのある人は少なくないと思う。私も“特攻くずれ”の父の友人からよく聞かされた…主に国内の話だけどね…。ただ、その方は、いわゆる“ガラの悪い”方で、周囲が煙たがっているのがよく分かった。なぜかうちの両親や祖父母は、その方に優しかったんだけど・・・。とにかく、酒飲みながら、つばを飛ばし、バリバリの差別表現でまくし立てていた。悪いんだけど、その方の言ったことであるからこそ、信憑性に疑いを持っていた。

でもやはり、その方の言っていたことは嘘じゃなかった。そういうことだな。『勝ち馬に乗る』ってのは、どこでもあること。しかしそうは言っても、支那、韓国は独特だ。支那や朝鮮の歴史の中では、その判断は、そのまま命にかかわる。勝ち馬以上の勝者に徹さなければ、間違いなく敗者として扱われることになる。そして支那、韓国で敗者として扱われるということは、「殺される」、「犯される」と、ほぼ同義だ。だから、ロシア参戦の8月9日、敗戦の8月15日、満洲、朝鮮の日本人民間人は、突如として圧倒的多数の“勝ち馬以上の勝者”の群れの中に投げ入れられたも同然となったわけであり、「殺される」、「犯される」が常態化した。残っているのは、限度の問題と、「そうじゃない人もいた」ってことだけ。

まさしく、“特攻くずれ”のその方の言ったとおりだ。
ずいぶん前に読んだ本だけど、この『沈黙の四十年』、副題は“引き揚げ女性 強制中絶の記録”です。朝鮮北部ではソ連兵や北鮮人に繰り返し強姦された日本女性が多かったようで、北鮮人のほうがたちが悪かったそうです。ソ連兵よりもたちが悪いって、ちょっと想像がつかない。

とにかく、日本人は“沈黙”してきたわけです。やられた女たちも、守れなかった男たちも、日本という国家そのものも・・・。

川嶋擁子さん、そしてヨーコ・カワシマ・ワトキンズさんは、遠く離れて黙っている必要もなかったってだけのことだ。ヨーコさんは、今、79歳か。80の人だって、90の人だって生きている人はいるけど、ほんとうに頑張ってくれました。だから、もういいだろう。黙って生きて来た人は、今さら言う必要なんかない。日本人は韓国人とは違うからね。

ただ、私たちは“おもんばかる”。ソ連兵や北鮮人や韓国人に殺された日本人のことも、ソ連兵や北鮮人や韓国人にひどい目にあわされた日本人のことも、誰も何も語らなくても、“おもんばかる”。
終戦時、海外に残された日本人は六六〇万人。祖国の土を踏めなかった人も多い。戦時中の、他の出来事も含めて、こんなにも近い歴史の中に、日本人はこれだけの悲劇を持っている。“おもんばかる”ことが及ばないことも、まだまだ多い。

    
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事