めんどくせぇことばかり 日本国号 坂上田村麻呂 『渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か』 上田正昭
FC2ブログ

日本国号 坂上田村麻呂 『渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か』 上田正昭

渡来の古代史  国のかたちをつくったのは誰か (角川選書)渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か (角川選書)
(2013/06/22)
上田 正昭

商品詳細を見る
百済・加耶系の漢人、新羅系の秦人、高句麗系の高麗人。彼らはいつ、どのように登場し、どういった役割を果たしたか

日本国号
平成16(2004)年、遣唐留学生「井真成」墓誌発見
井真成は開元22(734)年に36歳で亡くなった。墓誌には「国号日本」とあり、開元22年には確実に使われていたことがわかる。

『旧唐書』東夷伝倭国の条
「日本国は倭国の別種なり、その国日辺に在るを以って、故に日本を以って名と為す。或いは曰く、倭国自らその名雅ならざるを悪み、あらためて日本と為す」

『新唐書』東夷伝日本の条
咸享元(670)年に「使いを遣わして、高麗を平らぐを賀す。後稍、夏音(中華の音)に習い、倭の名を悪み、あらためて日本を号す、使者自ら言う、国日出ずる処に近し、以って名と為す」と記載する。この遣唐使は、『日本書紀』天智天皇8(669)年是歳の条に記す河内直鯨を代表とする一行で、翌年、入唐した。

坂上田村麿
有名な征夷大将軍坂上田村麻呂。その坂上氏は東漢氏の一族であり、父は坂上苅田麻呂である。

京都観光の名所のひとつ清水寺。その清水寺の建立を発願した大願主が、坂上田村麻呂であった。『清水寺縁起』によれば宝亀9(778)年賢心上人が東山で音羽の滝を見出し、そこへ老仙人が現れる。この仙人が観音菩薩の化身であり、賢心上人が千手観音を祀ったのが寺の始まるであるという。

その二年後、田村麻呂の高子夫人が病となり、「薬狩」に出た先で出会った賢心上に帰依し、清水寺の建立を発願したという。

延暦16(797)年、征夷大将軍に任命された田村麻呂は、蝦夷の首長阿弖流為と母礼らを服属させて凱旋する。田村麻呂は阿弖流為らの除名を嘆願し、故郷へ返して蝦夷経営に寄与させようとするが、公家たちの反対にあい、ついに河内で斬刑された。

平成6(1994)年11月6日、坂上氏ゆかりの清水寺に、阿弖流為と母礼の顕彰鎮魂の碑が建立されたのは、「将帥の量あり」と評された田村麻呂の志を現代に活かす試みであった。
もれ あてるい



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

日本という国号は7世紀後半、天皇という称号とセットになって定まったようですね。唐に行った者が「日本」からの遣いと名乗っている。

厳密に言えば、それ以前は日本人はいなかったということになります。大化の改新はどこの国の出来事だったのか、となってしまいます(笑)。

うさぎ屋 さま

言ってみれば「日本」も支那を基準にした方角を著す言葉。
それでも、‘日没処’に対して‘日出処’という意地の張り方がすごいですよね。
遣隋使から遣唐使が踏ん張っている間に、支那の方が勝手に崩壊していった。
こっちが踏ん張ってれば、勝手に崩壊する国でもあるんだけどなぁ。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事