めんどくせぇことばかり るるぶ 『今田知らない大阪グルメ』
FC2ブログ

るるぶ 『今田知らない大阪グルメ』

知られざる街ネタを紹介してくれる関西のバラエティー番組で“今ちゃんの「実は・・・」”という番組があるんだそうです。司会の今田耕司、ご意見番の月亭八方、そして視聴者に向け、小籔千豊やサバンナ、シャンプーハットといった人気芸人が毎回笑いたっぷりに、街の“実は・・・”な情報を届けてくれる、そういうことらしいんです。その中の人気コーナー「今田知らない大坂銭湯中心の◯◯の夜は実は・・・」は、銭湯中心に集めた地元情報から、隠れた名店を紹介するコーナー。そのコーナーで取り上げられた内容が、一冊にまとめられたのが、この本。

るるぶ 『今田知らない大阪グルメ』るるぶ 『今田知らない大阪グルメ』
(2013/07/18)
不明

商品詳細を見る
やっぱりすごい大坂

るるぶを持って大坂に行こうなんて言う気はさらさらない。でも、るるぶを読むことは多い。ひとえに、なんか自分で料理するときのヒントになるようなことでも書かれていないかな、ってことで。るるぶには悪いんだけど、るるぶの目論見からは一番遠いところに、私はいる。

なんで多くのるるぶを見てる中から、『今田知らない大坂グルメ』を紹介する気になったかというと、私、思った。“大坂は、やっぱりすごい”。「とりあえず自分一人のときに、ちょっと手を加えて作ってみようかな」っていう料理だったら、いくらでも載ってる。そこらの料理本では到底勝てない内容。
【極上夜食レシピ】・・・“ラーメン・パスタ&卵スープ”
1 丼にあけたチキンラーメンとスライス玉ねぎの上からお湯を注ぎ、ラップして3分。
2 ラップの端に穴を開けてカップ焼きそばのように湯切り。
3 スープは半熟に電子レンジにかけた卵の入った器に。オリーブオイル垂らして卵スープ完成。
4 ラーメンと玉ねぎの丼に、缶詰のツナ、オリーブオイル、カレー粉を入れ、混ざればパスタ完成。

これはすごいでしょ。いろいろな店の料理が紹介されてるんだけど、あれこれ家でやってみようってのがかなりある。そのまま真似してみようかなっていうのが、焼きそば。濃い目でスパイシーに仕上げておいて、それをすき焼きみたいに、生卵につけて食べる。実は焼きそばは、卵に絡ませるとうまいんだ。

丼ものも、工夫の宝庫。だし巻きに片栗粉入れてとろみで固めるふわふわだし巻き卵。これもなんだか応用できそう。皮なし餃子なんか、普通思いつくか? 
 
これなんかもおんなじような本だったと思うんだけど、大坂はすごいよ。やっぱり新しいものを作り出していく力は、東京よりも上だろうな。

るるぶなんて、自分が行くのでなかったら、ペラペラめくって終わりでしょう。左の本より、今日紹介した本のほうが上だけど、るるぶなのに、“ジックリ”読んでしまった。工夫して取り入れたい料理が、15はありました。



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

極上夜食レシピ

極上夜食レシピうまそう。
凄い事を考えますね~。
あたしもソース焼きそば水切りして、そのままソースをかけない。
フライパンでキャベツと炒めてソースかけて喰ったら美味かったので、ずっとそうしていますが。
まあ面倒だから、最近はやりませんがね。

hachiman01 さま

ちょっと風邪気味で、卵スープはにんにくと生姜を加えて・・・。
カッ❢っと来ますよ。

麺のほうはピーマンと鮭の水煮使ったら、うまいうまい。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事