めんどくせぇことばかり 関東軍は民間人を捨てたのか? 『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』 豊田正義
FC2ブログ

関東軍は民間人を捨てたのか? 『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』 豊田正義

『妻と飛んだ特攻兵 8・19の満洲、最後の特攻』という題名に、いくつかの状況を連想した。しかし、残念ながら、私の想像力では、この本に書かれた事態に思い至ることはできなかった。大きなヒントは、“8・19満洲”と大きく書かれているのに。なのに私ときたら、「『妻と飛んだ・・・』? それじゃ、心中と何が違う?」などと・・・。

8月9日からの満洲、15日を経て、19日までの満洲。たった10日間の間にこの満洲でおこったことが、二人に決意をさせた。彼らがいなかったら、総体としての関東軍は蒋介石の軍と何ら変わりない。彼らがいなかったら、総体としての関東軍は・・・、言い難いが、“ゴミ”だ。そりゃ、言い難いこともあるだろう。でも多くは鬼籍に入ったし、もうそろそろ語りましょうよ。

『妻と飛んだ特攻兵  8・19 満州、最後の特攻』 豊田正義『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』 豊田正義
(2013/06/08)
豊田 正義

商品詳細を見る
ある者は許嫁の自決を見届け、ある者は恋人を連れ、そして谷藤徹夫は妻を乗せ、空に消えていった。
宣戦布告  8月8日の布告された、ソ連の対日参戦理由
  1. 日本政府が七月二十六日の米英中による三国宣言(ポツダム宣言)を拒否したことで、日本が提案していた和平調停の基礎は完全に失われた。
  2. 日本の宣言無視を受けて、連合国はソ連に対し、日本の侵略に対する連合国の戦争に参戦して世界平和の回復に貢献することを提案した。
  3. ソ連政府は連合国に対する義務に従って右提案を受諾し、七月二十六日の三国宣言にソ連も参加することを決め、各国人民をこれ以上の犠牲と苦難から救い、日本人を無条件降伏後の危険と破壊から救うためにソ連は対日参戦に踏み切る。
  4. 以上の理由からソ連政府は八月九日から日本と戦争状態に入る。

ソ連進行に対する関東軍の作戦計画
国境守備隊の大苦戦の様子は、逐一、関東軍総司令部に打電されていた。しかし、総司令部の指示で援軍が派遣されることはなく、むしろ国境警備隊の背後に控えていた部隊に撤退の命令が出た。最前線の国境警備隊だけが時間稼ぎのために切り捨てられた。

ソ連進行前に立案された満洲防衛計画によれば、東部山岳地帯に戦線を縮小し、持久戦に持ち込むとするものであった。実際にソ連軍が侵攻してくると、新京を頂点として大連・図們を結ぶ三角形を「防衛戦」とし関東軍部隊を要所要所に集結させた。

満洲全土の四分の一に当たる防衛戦の内側の地域は、満州国の中枢部であり、朝鮮半島への入路でもあった。総司令部はここを守るため、全戦力で徹底抗戦する作戦を立てた。持久戦に持ち込んで時間を稼ぐうちに講和に持ち込むことが狙いである。

しかし、この作戦が実行されるためには、必ず事前に行わなければならないことがあった。総司令部が放棄すると決めた防衛戦の外側、満洲全土の四分の三にすむ日本人居留民を防衛戦の内側に避難させることである。しかし、関東軍は、kの措置を取らなかった。居留民の避難がソ連軍への誘い水になることを恐れた。あまつさえ、国境守備隊以外の部隊は日本人居留民を残したまま駐屯地を出ていき、防衛戦の方向に撤退した。日本人居留民は、ソ連兵の暴虐にさらされるままとなった。

『孫達への証言』より「野獣の館」
〈約二五〇名の四合成開拓団が慶安満洲拓殖公社跡に避難していた時、ソ連兵がやってきて惨劇が始まったという。〉

そのとき、ソ連兵二人がドカドカと入ってきた。それが何を意味するのかわからず、誰もが固唾を呑んで目で追っていた。

“はた”と立ち止まり、一番手近にいた人の肩に手をかけた。「立てっ」という仕草だ。肩にかかった手を振り払うと、二人が銃口を突きつけた。一人が銃の先を跳ねあげて「行けっ」と合図した。

こうして、次々「女狩り」が行われた。私は同じ人間が何度も来るのかと思ったが、そうではなく、入れ替わり立ち代り来たようであった。

明かりはランプがひとつ。奥の方にいる者の顔など見えはしない。手当たり次第、運の悪い者が犠牲になった。

「わしら女のうちではない」・・・狭くて、横になる場所がなく、通路に座っておられた七〇歳に近いおばあさんも、片目義眼で神を振り乱した小母さんも連れて行かれた。

ニ日目の夜が来た。日が暮れるのが恐ろしかった。死ぬことも怖いが、ソ連兵の餌食になることはそれ以上に怖い。「ガタ、ガタ」と床を踏む足音。「ダワイ、ダワイ(命令)」という声。何日も続けば気が狂いそうだった。

時間も場所もわきまえない。空き家に連れ込まれるのは良識がある方。通路と言わず、人前と言わず、至るところで行われた。

幸い、私は遭わなかったが、

「今、そこの通路で・・・」・・・息せき切って報告に来た者もいた。

十八、九の髪の長い、体格の良い娘さんが、二人の兵隊に挟まれ、後ろの兵隊に銃口を背中に突きつけられて、空き家に連れて行かれるところだった。引き裂かれたブラウスが、わずかに肩にかかって、両手で胸を隠すようにして、うなじをたれて歩いていた。

「どうしよう、連れて行かれる。」・・・歯ぎしりするほど悔しかった。

妻が連れて行かれるのを見て、夫が、「やめてくれ」、叫んで立ち上がった途端、「ズドーン」と一発。大勢の目の前でもんどり打って倒れたそうだ。手出しは絶対にできない。ただ、見送っているより仕方がなかった。

谷藤徹夫は、会津藩士の流れをくむ。彼の数代前の先祖が、会津亡国の悲哀を味わっている。薩長兵の暴虐もひどかったが、それすら甘く思える満洲の悲劇。

どんなことがあっても避けなければならないのは、戦争ではない。戦争に負けることだ。あるいは、負けたも同然に成ることだ。


    
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧



関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事