めんどくせぇことばかり 海老沼、反則のりこえ金 世界柔道
FC2ブログ

海老沼、反則のりこえ金 世界柔道

金メダルをかけた決勝は、カザフスタンのムカノフ選手との一戦。選手のムカノフ選手の反則は、立ち技のなかで脇固めの状態に入り、そのまま体重をあずけて投げたことだ(動画4分45秒)。通常であれば、技に入った時点で反則負けになるはず。審判が試合を止めなかっため、ムカノフ選手は寝技に入ってからも腕ひしぎを続ける。海老沼選手は倒れた時点でかなりのダメージがあったはずだが、待てがかからず、そのまま締めあげられた。結局、審判は、ムカノフ選手の反則を取らなかった。

左腕を痛めた海老沼は、審判に対して右でをあげて痛みをアピールするが、審判は一向に意に介さず、“はじめ”をかける。

すでに異常であるが、驚くべきは、この直後にムカノフ選手が、ふたたび脇固めから海老沼を投げようとしたことだ。袖を抜いて事無きを得たが、技に入ろうと動いた時点でムカロフ選手の反則負けのはずだ。にもかかわらず、審判団には何の動きもない。苦悶の表情を浮かべる海老沼選手。“はじめ”の声が非常に響く。

奇跡はその直後だ。海老沼が真っ向から痛い左腕を伸ばして相手の襟をとり、一瞬の大内刈で一本。


一体この試合は何だったろう。脇固めからの投げは大変危険な反則技。反則技は禁じ手であると同時に選手を守る。ところがこの試合を見る限り、それを禁じ手とされているのは海老沼選手だけであり、ムカロフ選手には禁じ手とはされていない。 そんなことがありえるか。

不思議なのは、二度目の反則だ。ムカロフ選手は確信を持って技に入っている。この時、審判の意向がムカロフ選手に流れているのを確信した。 いったい、この不正はどの規模で行われているのか。

日本が嫌われるのは哀しいが、「嫌うな❢」と言ったって相手の感情を強制できるわけじゃなし、仕方がない。だからといって、この試合は酷い。スポーツすら正々堂々と出来ないのか。

柔道は、日本人の心を、Judoに伝えることは出来なかったのか?これでは日本人選手がかわいそうだ。


  

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 日本の良いところを守りたい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事