めんどくせぇことばかり 『本当は恐ろしいグリム童話 禁断のエロス編』 桐生操
FC2ブログ

『本当は恐ろしいグリム童話 禁断のエロス編』 桐生操

グリム童話に限らず、童話や昔話に登場する残虐性には驚かされる。『白雪姫』の中で継母である王女は焼けた鉄の靴を履かせられて死ぬまで踊り続けさせられる。『ネズの木』では母親が継子である少年の首を落とし、死体を細かく刻んでシチューに入れ、なにも知らない夫に食べさせる。

日本の昔話でも、『かちかち山』のタヌキはお婆さんを殺してその肉を煮込み、婆あ汁を爺さんに食べさせている。日本の昔話は明治以降、子供向けの差し障りのない話に書きかえれレているが、もともとのお話は本当に面白い。逆に差し障りない話に書きかえられることによって、昔話は、もともと持っていたエネルギーを失ってしまう。

当たり障りなくなってしまった物語は、本来、その隠されていた部分にこそ、物語としてのエネルギーが存在していたようだ。まるで、ドクン、ドクンと脈打つ心臓のように・・・。

‘死’、‘肉’、‘血’に向き合うことは物語の生命であるし、たとえ子供であろうとも、それらに向き合うことによって‘生’に向き合うことにも通じたのではないだろうか。

『本当は恐ろしいグリム童話 禁断のエロス編』 桐生操『本当は恐ろしいグリム童話 禁断のエロス編』 桐生操
(2013/07/20)
桐生 操

商品詳細を見る
残酷な表現には表現には寛大なグリム兄弟。しかし、性的表現は片っ端から排除していた
千匹皮               父と娘の狂おしい情愛
ナイチンゲールと薔薇の花    報われない恋に散った少女
がちょう番の娘           二人の花嫁と残酷すぎる復讐
夏の庭と冬の庭                  美女が野獣に捧げた真実の愛
雪の女王                           氷の誘惑と無垢な魂
つぐみ髭の王子                  
娼婦に落ちた美貌の姫

性に関していえば、グリムは神経質で、近親相姦、同性愛、売春、獣婚、異形の者との愛欲を思わせる記述は徹底して削除しているという。ギリシャ神話なんか見ると、大変おおらかなのに・・・。

だいたい、大地母神ガイアは息子のウラヌスとの近親相姦で幾多の神々を生み出している。ギリシャ悲劇の代表作『オイディプス』は父を殺して、母を犯した。ギリシャ神話にかかっては近親相姦、同性愛、売春、獣婚なんでもありだ。でも、それがギリシャ文化に奥深さを与えていた。

その流れはヨーロッパにそのまま流れ込んではいるのだろうが、やはりキリスト教のせいだろうか、本来持っていたエネルギーの多くを失っている。日本の昔話でも、いまやエロスばかりか残虐性までが封印されてしまったが、大人にしてみれば、エロスを封印された童話や昔話なんか、袋とじのエロ本みたいで、よけいに悩ましいとさえ思える場合がある。

狼もしもそれが‘教育的配慮’によるものであるなら、おこがましいとしか言いようがない。最近の『三匹の子ブタ』はひどい。オオカミは最後、煙突から忍び込もうとするが、熱湯で満たされた大なべの中に落ち、釜ゆでにされて豚の兄弟に食われてしまうはずなのにそうはならないらしい。けがを負って山に逃げ帰るくらいならまだいい方で、豚と和解して仲良くなるというストーリーまであるらしい。

なにが‘教育的配慮’だ。子供は悪者が残虐な最期を迎えることによって安心するのだ。狼が豚と仲良くなれるなら、人間には何の教訓もいらない。


若い娘にとって、未知なる性というものは、恐ろしく、暴力的なものに感じられる。野獣の獣性こそがそれにあたる。しかし、結婚して幸せになるためには、その思いを乗り越えなければならない。はじめこそ、夫との性は暴力的なものに思えるかもしれないが、実際は、それが女に素晴らしい喜びを与えてくれ、女としての幸せに導いてくれるものであることに気づかなければならない。

野獣との出会いは‘女’への扉なのだ。
野獣

なまじ、それを避けては、女は‘女’になれない。「その道を通れ」と、童話は教えてくれていると思うのだが…。



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事