めんどくせぇことばかり 歴史の見方‐桂小五郎 『逆説の日本史テーマ編 英雄の興亡と歴史の道』
FC2ブログ

歴史の見方‐桂小五郎 『逆説の日本史テーマ編 英雄の興亡と歴史の道』

私が歴史を書くにあたって常々心がけていることは「当時の人々の気持ちになって考える」ということだ。よく「そんなことあたり前じゃないか」という顔をする人が多いのだが、実はこの単純なことが驚くほどできていない。

実例としてあげられているのは、坂本龍馬が“薩長同盟”を達成するために、どれだけの人と合い、意見と感情の調整にあたったかということである。少し前まで京都を闊歩した長州藩士は、薩会同盟によって奈落におとされ、朝敵とされた。その薩摩と長州を結びつけようというのだから、調整役の龍馬の献身ははかり知れない。

龍馬の時代には、携帯もファックスも無線も、もちろんインターネットもない。

ならば、龍馬は“歩いて”彼らの間を回り、調整にあたったことになる。とするならば、龍馬は人並み外れた“健脚”であったという結論が導き出される。

著者の推理はこのように進み、そこに“納得できる歴史”が構成されていく。ただ、もう一つ付け加えていいと思う。自分の足で行かなければならないなら、もう次はないかもしれない。そういった思いが、我々には想像もつかない“気迫”を生んでいたということも言えると思う。


逆説の日本史テーマ編 英雄の興亡と歴史の道逆説の日本史テーマ編 英雄の興亡と歴史の道
(2013/07/10)
井沢 元彦

商品詳細を見る
関所の廃止することで経済の自由化を実施した信長。それが、本能寺に包囲される事態を招いた。


桂小五郎は、本書のなかでは第四章【「外交」の道‐強大な敵や異国との交渉術を解読】のなかで、“出石潜伏期間の「役者」ぶり”という項目で扱われている。 ここで紹介されている桂小五郎に関わる事実は以下のとおりである。
*剣の達人である。
江戸三大道場の練兵館で塾頭を務め、伝説であるかもしれないが、新撰組の近藤勇も「手も足も出なかった」と言ったという話がある。
*潜伏能力がきわめて高く、戦争の時以外は人を殺していない。
新撰組や京都所司代の役人に命をねらわれながら、しかも地元長州でも政権争いで身を隠すことができない状況にありながら人を殺していない。
幕府役人の監視能力はきわめて高く、坂本龍馬は何度も役人にかぎつけられている。寺田屋では高杉晋作からもらったピストルで一人を射殺している。
*維新政府の中では最もリベラル派であった。
「五箇条の御誓文」で身分制の打破をめざし、廃藩置県にも尽力した。
征韓論、台湾出兵といった武力による国力拡大策には常に反対した。
このような条件から、著者は桂小五郎の人格に迫る。 武士は刀を差しているから、歩行のバランスが百姓、町人と違う。剣の達人で近藤勇をもうならせるほどの筋骨隆々の体躯。にも関わらず、捕り方に潜伏を悟られない。そこから浮かび上がる桂小五郎像は・・・。 
変装の達人というだけでは足りない。商人に変装したなら、商人言葉を話せなければあっという間に噂が立つ。長州訛りなどもってのほかで、京言葉を流暢に話せたはずだ。立ち居振る舞いの点では商人が出来上がっても、庶民の暮らしを知り、庶民の思考に通じている必要もある。そういった部分が、維新政府におけるリベラルな姿勢につながったと考えられる。なにより、周りから、“助けてやりたい” と思われる人柄を持っていた。それなくして、このような人物は完成しない。

こういうふうに歴史を考えていけたら、面白いよね。おそらく、ある程度までは訓練で出来ると思う。ちょっとやってみよう。

    
井沢元彦の本


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事