めんどくせぇことばかり 韓国:親日の老父、撲殺される
FC2ブログ

韓国:親日の老父、撲殺される

日本の植民地支配を称賛した老人をつえで撲殺
http://www.microsofttranslator.com/bv.aspx?ref=IE8Activity&from=&to=ja&a=http%3a%2f%2fmedia.daum.net%2fsociety%2fothers%2fnewsview%3fnewsid%3d20130912144207777翻訳だけどね。
去る5月、ファン某(38)氏はソウル鍾路区(チョンノグ)チョンミョ公園でパク某(95)氏と争い事を起こした。ファン氏は当時酒を飲んだ状態だったが「日本が韓国を植民支配したことは良くやったこと」という内容のパク氏の話を聞いて怒りをこらえることができなかった。 やがてファン氏はパク氏を蹴飛ばしてパク氏が体を支えていた80㎝の杖を奪い取って彼の頭を数回殴った。
「日本が韓国を植民支配したことは良くやったこと」

加害者の38歳男性は、被害者の老人が言ったその言葉に怒りを抑えきれなくなったものらしい。犯人の暴行に、老人は脳出血のほか、頭蓋骨にもひどい損傷を受け、治療を受けたものの数日後に死亡したもののようである。犯人には懲役5年が言い渡された。

「日帝を称賛した時点でジジイは犯罪者だろ、殺されて当然」
「懲役刑? むしろ勲章モノじゃねえか」
「正義の審判だ!」
「裁判官は売国奴!」
建国以来、ずっと嘘教えられてるとはいえ、そろそろ自分で気づいていい頃。いいかげんにしろよ。

95歳、終戦の年が27歳。十分、日本統治時代を理解していたはず。二級市民扱いに悔しい思いもあったろうが、朝鮮の近代化が一気に進んだ時代を知っている。同時に、独立後の体たらくもよく知っている。それを、嘘しか教えられてない38歳が殺しちゃ、埒が明かねぇだろ。
2004年、李栄薫教授は挺身隊を商業的目的を持った売春業になぞらえたかのような発言をしたことで、社会的に袋叩きにされる格好となり、元慰安婦たちに土下座して謝罪した。
2006年、「ニューライト」という団体で代替教科書を作ろうとしていた李栄薫・安秉直教授は、公聴会の席に30人マリの暴徒の乱入を受け、殴る蹴るの暴行を受けた。
syazai.jpg naguru.jpg
このほど、「ニューライト」はひとつの成果を発表した。

「ニューライト」と呼ばれる保守系の学者らが執筆
http://www.j-cast.com/2013/09/05183091.html?p=all
植民地時代にインフラが整備され近代化が進んだという「植民地近代化論」が押し出されている点。(韓国では植民地時代の日本の施策はすべて「悪」だとみなされるため、このような議論には反発も多い)

1895年の閔妃暗殺事件については、実行部隊の小早川秀雄の手記を紹介し、「当時の日本は明成皇后(閔妃)を殺害する過激な方法を選択するしかありませんでしたか?」という問いもつけた。

1909年にハルビンで伊藤博文を暗殺したとして韓国では英雄だとされている安重根(アン・ジョングン)についても扱いが小さい上、教科書の最後にある索引(インデックス)から抜け落ちている。

第二次大戦後の記述では、「独裁者」として否定的に評価されている李承晩初代大統領を肯定的に描いたり、朴槿恵大統領の父親である朴正煕元大統領による軍事クーデターや、民主化運動の弾圧を正当化しているとの指摘も出ている。

今のものに比べれば、大分まともになりそうじゃないですか。
このたびの事件、まともな考え方の人達を萎縮させる方向に向かうのか、それとも奮起させる方向に向かうのか。韓国にとっては大きなできごとになりそう。もし韓国が、自国を見つめなおす方向に向かうとすれば、もしかしたら、これが最後のチャンスであるかもしれない。そうjなってこそ、この事件の被害者も、浮かばれようがあると感じるのだが・・・。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事