めんどくせぇことばかり 『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 ラス・カサス
FC2ブログ

『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 ラス・カサス

1542年、ラス・カサスからこの報告を受けたのは、 スペイン国王カルロス1世であり、同時に神聖ローマ帝国皇帝カール5世である。

“結辞”においては、「正義を愛し、尊ばれる御仁として、必ずやそれらの悪事を根絶され、神が陛下に授けられたあの新世界を救済されるに違いない」と、ラス・カサはカルロス1世に全幅の信頼を寄せているが、これ自体がすでに傲慢であることには、ラス・カサスも気づいていない。

カルロス
『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 ラス・カサス
(2013/08/21)
ラス・カサス

商品詳細を見る
ラス・カサスの抱いたインディオに対する憐憫は、キリスト教が本質的に内包する傲慢を前提にしていた

“インディアス”でどんなにひどいことが行われていたか。ラス・カサスはこんなふうに表現している。
過去数世紀の間に世の人々が実際に見たり、噂に聞いたりした出来事がどんなに輝かしいものであっても、インディアスで起きた事柄は例外なく、過去のそれらの出来事をひとつ残らず翳らせ、沈黙させ、忘却の彼方へ追いやって余りあると思えるほどのものであった。
“過去数世紀の輝かしい出来事”って、ラス・カサスが想定しているものを考えてみると、スペイン王国の誕生、レコンキスタの進行と終焉、コロンブスの新大陸到達などが考えられる。しかし、“どんな輝かしいものであろうと、無きに等しい”というほど、スペイン人はインディオをひどい目に合わせていた。

言いかえれば、こんなことが起こるなら、“コロンブスは新大陸に到達すべきではなかった”ということだ。こんなことになるのなら、“スペインなんか誕生すべきではなかった”し、“レコンキスタなど成功しないほうが良かった”ということだ。“そのほうがマシだった”とラス・カサスは、キリスト教者としての自分の人生をかけた報告を、 スペイン王にしてヨーロッパの覇者たらんとするカルロス1世に送ったのである。
「確かに、この土地の住民は、神を知らなかったことを除くと、この世で誰よりも至福を得た民である」とは、聖職者以外のスペイン人が口にしたことである。
唯一、“神を知らなかった”が為に、「この土地の住民」はスペイン人によって、残虐極まりない手口で切り刻まれ、殺害され、苦しめられ、拷問され、破滅に追いやられる。唯一、“神を知らなかった”が為にである。1502年のエスパニョーラ島には300万人のインディオがたった40年の間に200人に減ってしまうほどに、“神を知らなかった”ことは重い責任を伴うものだったらしい。

おそらく、かつての日本人がそうだったように、妖精のように好ましい人々だったのだろう。自然の移ろいにあわせて、自然を畏れつつ、その恵みを得て生きる人々だったのだろう。その、かつての日本人と同じように生きた人々は、
“神を知る”者達によって、根絶やしにされた。

   
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残虐の民族史 3/3 ~インディアン

20万の軍隊を一瞬にして抹殺した項羽 紀元前209年、秦帝国に対して農民が起こした陳勝・呉広の乱は、中国全土を戦乱に巻き込む大反乱に発展していった。項羽は秦の首都・咸陽に向けて進撃し、河北省南部で秦の武将・章かんの率いる20万の軍を破った。劣勢に陥った章かんは、敗北を責められて処罰されることを恐れた。彼は自分が置かれている不利な立場を理解し、項羽に降伏を伝えた。これで項羽は、両軍合わせて数十...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

そして、いつもありがとうございます。
いつまでも白人様を崇めるの馬鹿らしいということに、そろそろ気付く時期にきました。
この本、もっともっと、知られてもよい本ですよね。


カサス自身も晩年まで
「正統な戦争」
によって得られた黒人奴隷は肯定していたそうで、少し印象が変わりますよね。
(記憶が曖昧ですが、「コロンブスからカストロまで(E・ウィリアムズ)」にあったと思います)

軟化妖怪 さま

サンサルバドル=聖なる救世主
サンドミンゴ=聖なるドミニコ
サンフランシスコ=聖なるフランシスコ

‘新大陸’ってのは、地名だけ見てもお笑いの宝庫ですね。

それでも、‘キリスト教徒’が、それにふさわしい報いを受けたわけじゃない。
それが人類の歴史ですよね。
せめて教訓くらいは、正当に残さないとね。

これからもよろしくお願いします。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事