めんどくせぇことばかり 『カタリ派』 アンヌ・ブルノン
FC2ブログ

『カタリ派』 アンヌ・ブルノン

聖ドミニコドミニクニクニク心やさしく強いひとで すべての人の幸せのため歩くのでした
よその国の悪い人たちも ドミニクの話を聞きました

ドミニクニクニク神の言葉を教えました どこでもみんな彼の話を聞きにきました
遠い道もかまわずドミニクは 歌を歌いながらどこまでも

ドミニクニクニク村から村へ町から町へ らくだに乗らず馬車にも乗らず歩くのでした
食べ物なくて苦しい時も 天使が助けてくれたのでした

ドミニクニクニク不思議なことよ天使があらわれ おいしいおいしいパンを彼にくれたのでした
子どもたちをあつめて話します 皆、心ゆたかに育つよに

ドミニクニクニク貧しいけれどいつもいつも 歌を歌い人を助けて歩くのでした
ドミニクの言葉はいつまでも 私たちを導き守ります

ドミニクニクニク貧しいけれどいつもいつも すべての人に神の言葉を話すのでした

おそらく子供の頃に「みんなうた」で覚えたんだろうと思うんだけど、そんな記憶さえないのに、気がつくと♫ドミニクニクニク♫ って口ずさんでる。ペギー葉山も歌っていたらしく、歌詞を調べていたら、ペギー葉山バージョンが先に出てきた。それによると・・・。
ドミニクニクニそまつななりで旅から旅へ どこに行っても 語るのはただ 神の教えよ
他宗のものと 教えをきそい 力の限り それと戦い
ここで言っている“他宗のもの”というのがなにもイスラム教徒とは限らない、ドミニコが向かい合い、“教えを競い、力のかぎり戦った”相手というのは、・・・『カタリ派』ですね・・・
『カタリ派』 アンヌ・ブルノン
『カタリ派』 アンヌ・ブルノン

(2013/08/26)
アンヌ・ブルノン

商品詳細を見る
中世ヨーロッパ最大の異端

ニケーアの公会議(325年)やコンスタンティノポリス(381年)の公会議で正統派の教義が確立され、それ以外の聖書解釈が禁止された。初期教会の教父たちは、異端の指導者の弾圧をはじめ、ローマ帝国は“異端狩り”にお墨付きを与えた。384年、禁欲主義をとなえる司教プリスキリアヌスが異端として斬首されたのを最後に、長い間、神学論に関わってくるような異端は途絶えた。

11世紀、中世温暖期に拠る温暖化と、開墾、新農業技術の普及と言ったできごとは、農業生産力の向上や人口増加を引き起こし、人々の経済関係に変化が現れ、新たな生き方を後ろから支える新たな宗教観が求められた。
当時、クリュニー会は、修道院を天の光、金、香、天使の歌で満たし、神の王国において約束されていたあらゆるものを聖職者の間で独占していた。

そんなカトリック教会に対し民衆は、使徒時代の教会の良識や純潔さを求め、抗議の声をあげた。あるいは教会を批判し、嘲弄した。そこには男も女も、一般信徒も聖職者もいたが、誰もが共通の意思を持っていた。使徒のみを範とし、福音書の教えのみに従おうとする意志である。彼らは、教会組織が、後につけ足した余計や制度や、制度に基づかない秘石や迷信による慣行を拒否し、教区聖職者のだらしない生活習慣や高位聖職者の世俗的な要求に否を突きつけた。
 
当時の聖職者たちは、上記のような立場に立つ者たちをさまざまな名で呼んだ。“魔術師”、“好色物”、“近親相姦者”、“不信心な輩”、“無学な農民”、“うさんくさい老婆”、“悪魔の使い”、“マニ教徒”、“悪のしもべ”、“サタンの使徒” ・・・。それらのなかで、12世紀、南フランスで急激に力を伸ばしたのが、《カタリ派》であった。

ちょうど、ドミニコの生きた時代と一致している。ドミニコは、カタリ派の中心地域で宗教活動を行うなど苦労しているが、1206年にドミニコ会を設立して普遍的、使徒的活動を目指した彼こそ、逆に強く語り派の影響を受けたように思えるんだけどな。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事