めんどくせぇことばかり エヴァ以前の女リリス(覚書) 『聖書を読む』 中村うさぎ 佐藤優
FC2ブログ

エヴァ以前の女リリス(覚書) 『聖書を読む』 中村うさぎ 佐藤優

中村うさぎさん、一時は心肺停止状態にまでなったとか。ギランバレー症候群が疑われるが、現在も原因は不明らしい。9月には二度の心停止を乗り越えた。現在は一般病棟に移っているという。 原因なんかわからずとも、まぁ、このまま元気になってくれればね。そのうちきっと臨死体験でも語り出すだろ。それはそれは楽しみだ。うさぎ
『聖書を読む』 中村うさぎ 佐藤優『聖書を読む』 中村うさぎ 佐藤優
(2013/08/29)
中村 うさぎ、佐藤 優 他

商品詳細を見る
神はなぜ、人が知性を持つことを嫌うのか?

カインがアベルを殺して、神はカインを追放する。二人の兄弟がアダムとイブから失われて、二人の血は三男のセトと姉妹たちに受け継がれていくってことでいい。でも、カインは遊牧民の祖となるってことになってるけど、カインの子を生んだ女は誰?年をとってからセトの娘が現れるの?それともアダムとイブの子孫の他にも、人間がいるの。神はこっそり、別系統の人間を作っておいたの?それとも神にも別の神がいて、それぞれが人間を作っていたの?昔から不思議だったんだ。 それに追放される時、カインは誰かに殺されることを心配してるけど、やっぱり誰か、他の人間がいたんじゃないかな。
ムーピー ロミ
手塚治虫の『火の鳥 望郷編』を読んだ時から。望郷編の中では、哀れなロミ(望郷編の登場人物)のために火の鳥が何にでも姿を変えられるムーピーという生物に依頼して、女の姿になってセトの前に現れる。さらにそうして生まれた娘がカインの前に現れるっていう設定だったように記憶している。

あっ、でも十代目がノアで、他の連中はみんな死んじゃうわけだから、カインの子孫も生きてないか。いったいどうなってるんだろう。・・・って、ただの神話に整合性を求めようとするのが間違いで、そんなもの求めようとすると、かえってわけの分からないとんでもない教えが出来上がってしまう。そうして生まれるのが“トンデモ教”。聖書は大丈夫?

この本読んだら、やっぱりそういう疑問は古くからあったみたい。
中村






佐藤
最初に「光あれ」と言って光と闇にわけた時、神もまた光と闇にわかれた。そこでサタンが生まれたのだとしたら、サタンは神の暗転なわけで、ある意味黒い鏡像と言ってもいい。そして、鏡像は絶対に同じことをするわけです。そうすると神が人間を作ったなら、サタンもまた人間を造らないとおかしいでしょ。で、そのサタン系の人類がいて、そのうちの誰かに殺されるのではとカインが恐れたんじゃない?ちょっとファンタジックすぎるかな?


ファンタジックでもなんでもなくて、そういう説は三世紀ころから「ネオプラトニズム」という形で現れるんです。


そうそう、もう一つ前から思ってた疑問。 創世記の第一章で創造される女と第二章でアダムの骨から創造される女は、違う女ではないのか。
第一章
神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
第二章
主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。
そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。
これについてはウサギさんが面白いことを教えてくれます。
人類最初の女性はリリスだったという伝承というか、説があるんです。創世記の第二章で肋骨からエヴァが生まれるのに、すでに一章で名前無しの女が生まれているでしょ。この最初に創造された女性の名前がリリスだという説。そのリリスがなんでエヴァに取って代わられたのかというと、セックスの時リリスは自分が上になろうとした。つまり女性が主導権を取ろうとした。それをアダムが嫌ったために追放されるわけですよ。そして追放されたリリスはあらゆる魔物を産んで、悪の女王になる。




にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事