めんどくせぇことばかり 日本人検閲者(覚書) 『GHQの検閲・諜報・宣伝工作』 山本武利
FC2ブログ

日本人検閲者(覚書) 『GHQの検閲・諜報・宣伝工作』 山本武利

CCD(民間検閲局)には、最盛期で8132名の日本人がいたという。彼らは恵まれた待遇を受けながら守秘義務を墨守し、その実態はほとんど語られたことがないという。しかし、そのような語りたくない体験を50年の沈黙を破って語る日本人も現れてきた。

GHQの検閲・諜報・宣伝工作 (岩波現代全書)GHQの検閲・諜報・宣伝工作 (岩波現代全書)
(2013/07/19)
山本 武利

商品詳細を見る
独立後60年を越えた日本は、GHQの行なった検閲・諜報・宣伝工作から解き放たれるべき時だ。

時期と人数
検閲者の募集は、「タイプライター係募集」とうたって行われた。CCD最盛期の1947年で8132名、翌48年には5000名に減少するが、1949年には5500人となっている。受付業務、仕分け業務、検閲業務の9割強は日本人雇用者であったという。

恵まれた待遇
給与 最高職務 4500~5500円、中級職務 4000~4500円、初級職務 3500~4000円

磯山陽子さん(日本女子大学)
1947年1月に事務員として500円で雇われる。9月には1570円の初級職員となり、48年1月には2080円の中級検閲者に昇格。上級検閲者になった48年6月で3040円、48年9月には5000円に昇給した。

主力は若いエリート予備軍
数少ない証言者によれば、CCD勤務の日本人の主力は、大学生や大学卒業まもない比較的若いエリート予備軍だった。だが、検閲者のなかで上級職を占める年配の人物は、エリートとしての戦前の職業を隠して黙々と働いていた。彼らの前歴は、大学教授、学校教師、貿易会社社員、文筆人と多彩であったという。

語りたくない仕事
仕事を始める日、磯山陽子さんは係の日本人からこう言われたという。
『この仕事のことは絶対に他言してはならない。何故ならこれは日本人同士の裏切り行為と思われて、あなたが辛い思いをしなければならなくなることを恐れるからだ。実際は裏切りどころか日本人のありのままの姿を知ることにより、マッカーサーがよりよい占領政策をとることができ、疲れきった日本人の生活を向上させるのに大切な仕事なのだ』
磯山陽子さんは、この仕事に付いている間、毎日300通の郵便物に目を通していたという。

江藤淳の『閉ざされた言語空間』に触発され、郵便検閲の体験を証言した甲斐弦の『GHQ検閲官』は極少ない勇気ある1冊である。そのなかで甲斐は「俺は米国の犬だ」、「同胞の秘密を盗み見る。結果的にはアメリカの制覇を助ける。実に不快な仕事である」と記している。

日本人を使った検閲
対日インテリジェンス活動に動員できる人数は決定的に不足していた。そこでアメリカは、アメリカに忠誠を尽くす日系人を各地の収容所から選抜し、再教育したのち、軍曹レベルで各戦域に派遣した。こうした日本語の使い手の活躍で、対日戦争は2年も短縮したとウィロビーは評価している。

さらに日本軍兵士は、捕虜として捕まった当初から、日本軍に不利な情報を敵国アメリカに積極的に提供していたことも注目されていた。これに味をしめたGHQは、占領当初から日本人を雇用して空前の規模の検閲工作を行うことを考えた。




にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事