めんどくせぇことばかり 『愛国・憂国・売国』 鈴木邦夫
FC2ブログ

『愛国・憂国・売国』 鈴木邦夫

2011年12月19日の記事に加筆修正したものです。

『愛国と憂国と売国』

「下品で嫌な題名だなぁ。やっぱりそういうことが書いてあるんだろうなぁ」と思いつつも、読む本がなくなりそうだったので手にしました。

『愛国と憂国と売国』 鈴木邦夫『愛国と憂国と売国』 鈴木邦夫
(2011/11/17)
鈴木 邦男

商品詳細を見る
世間はそういったレッテルを貼って人を分類したがる


事前の予想通りの意味でこの題名がつけられたわけではありませんでした。「とかく世間はそういったレッテルを貼って人を分類したがる」、そんな風潮を鬱陶しく思ってつけられた題名であったようです。そのことは大賛成です。

この本を読む前には、著者の鈴木邦夫氏に関する知識はなにもありません。「あっ、あの右翼か」とも何とも思っていたわけではありません。読んで分かったことですが、何かとややこしく、レッテルの貼りにくい人物のようで、そんなややこしい人物の存在というのは、今の世相にあっては大変貴重ではないかと思いました。
第一章  右翼人の憲法論
第二章  右翼人のつくられ方
第三章  右翼人の生活と意見
第四章  私が出会った素晴らしい人々
第五章  右翼人と左翼人
第六章  右翼人にとっての三島由紀夫

改憲派、護憲派。
TPP容認派、絶対反対派。
原発推進派、反対派。

なぜだろう。最近の日本の二極分化は・・・。ひとこと言えばレッテルを貼られ、もう一言言えば裏切り者扱い。 いつお前の仲間になった。あ~あ、もうたくさん。こっちでもあっちでもない、第三の、あるいは第三.五の、不確かな道を進もう。

日本は豊かな国だとは言っても、生きていくのは結構大変で、つらい思いも、悔しい思いもかみしめて、妻の笑顔や、子どものあどけない寝顔に励まされて、また次の日も頑張ろうと・・・。

だから多少意見が違おうが、いや、全く意見が違っていても、その人もその人なりに頑張っているんだろうと、その人を立場もろとも思いやる。

激情に流されたことがないじゃないけど、どこかでそれは恥ずかしいことと思っていた。ぐっと飲み込んで笑顔を作る私のような生き方は、おそらく著者からお許しをいただけるものではないだろう。だから激しく生きたことや激しい時代であったことをを並べ立てられても、「あらあら・・・」程度の感想しかもてない。

でも、私はこの人を受け入れられる。

第四章 「私が出合った素晴らしい人々」に登場する人物が、私からはとても「素晴らしい」とは思えない人物であったとしても・・・。

この人は、自分が言っているとおり、変化していく人物であると思えるからだ。本書で時々登場するが、間違ったと思ったら面子こだわらずに心から誤る人物に思えるからだ。

著者は勉強を続け、これからも成長する自分を意識しているという。大変結構なことで、私も見習いたい。そして著者ほどではないとしても、「誠実」であり、少しは「誠意」を示せる人間になりたいと思う。私にもっとも欠けていた部分だし・・・

あれ、私はすでにこの本からの影響を受けてしまっていた。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事