めんどくせぇことばかり 咳おば様 『日本の伝説』 柳田国男
FC2ブログ

咳おば様 『日本の伝説』 柳田国男

“はしがき”に以下のように書かれています。
諸君の村の広場や校庭の庭が、今は空地になって、何の伝説の花も咲いていないということを、悲しむことは不必要であります。もとはそこにも、様々な言い伝えが、茂り栄えていたことが有りました。そうして同じ日本の一つの島の中で、あるからには、形は少しずつ違っても、やっぱりこれと同じ種類の植物しか、生えていなかったことも確かであります。
もともとは昭和四年に出された本なんですね。このあとに戦争があって、高度経済成長があって、バブル景気に浮かれて・・・。日本にはずいぶん空き地が多くなりました。もちろん、空き地とは、“なんの伝説の花も咲いていない”という意味でね。

それでも、柳田国男さんの言うとおり、 
『可愛い昔話の小鳥は、多くは伝説の森、草叢の中で巣立ちますが、同時に香りの高いいろいろの伝説の種子や花粉を、遠くまで運んで』 くれているでしょう。それはきっと、私の“伝説”でもあったに違いないでしょう。
日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)
(1977/01/25)
柳田 國男

商品詳細を見る
道ばたの石や木、小さな池や山も、遠い昔から言い伝えられてきた伝説で彩られている。
“咳のおば様”・・・それはお婆さんをかたどった石の像だったり、ただの石塔だったりして、どうやら子供の咳が止まらなかったりしたときにお願いすると直に治るとか、そういったもののようです。

本所の証顕寺の石像。築地の稲葉対馬守の中屋敷の石像。広島市の空鞘八幡の道祖神。川越の広済寺。甲州の八田。上総俵田の子守神社。下総臼井の石の小さな祠。本の話の中には、そんな場所に、同様の“信心”があったらしいと紹介されている。
川越広済寺ならすぐ近く。なんでも、“しやぶきばば”と呼ばれる石塔があって、咳で難儀をしてお参りに来る人が多いらしい。何度が言ったこともあるはずだけど、そんな話ははじめて聞いた。本質的に喘息傾向の私、ぜひお参りせねば・・・。                
それにしても見事に縛られてるなぁ
しわぶき婆
広島空鞘八幡の道祖神(さえのかみ)も子供の咳を直してくれるらしいが、お供え物は馬の沓であったらしい。この道祖神も縛られているらしいんだけど、馬の沓は草鞋同様藁で作ったもので、それを供える代わりに藁の綱をお供えし、それが縛るという行為につながったという話は、一体誰から聞いたんだっけ。


墨田区弘福寺爺婆像
 
稲葉対馬守中屋敷の“咳の婆さん”は、実は“爺さん”と一対であるとか。どうもあんまり仲の良くない爺さん婆さんらしいのだが、咳の願掛けに行く人は、婆さんに参ったあと、爺さんに参って「どうも婆どのの手際では覚束ない。何分御前様もよろしく」とお願いしておくと効果が上がるそうで・・・。

その爺さん婆さんは、今は墨田区の弘福寺(ここが稲葉氏の菩提所ということらしい)に引っ越して、今は仲良く二人並んで、訪れる人の腰から下の病気を直してあげてるようです。
 
下総臼井の石の小さな祠は「おたつ様」と呼ばれていたそうで、臼井の町の伝説では、おたつ様は臼井竹若丸という若殿様の乳母であったそうです。志津胤氏が臼井の城を攻め落とした時、おたつは竹若丸を逃して自らは沼の葦原にひそんだ。追手が気づかずに通りすぎようとした時、おたつはあいにく咳をして見つかり、殺されてしまう。それが恨みの種であるゆえに、死んで後までも、咳をする子があると、なおしてやらずにはおられないのだろうと、そういうことのようです。

今も、臼井上の北側、印旛沼のほとりにおたつ様の供養塔がある。
おたつ様

姥神はもと子安様と同じ神様で、常に子供の安全を守りたもう神。それが後々、ことさら咳を直してくれる面倒を見てくれるのはのは、“咳のおば様”はもと“関の姥神”であったのを“せき”というところから「咳を治す」祈りの対象にしたものらしい。関は“境”。“塞き止める”。つまり道祖神と同じく悪いものが入ってこないように村を守っている。道祖神は男女像が多く、爺石婆石からなるものもある。婆石の婆が姥神と重なり、ようやく“咳のおば様”にたどり着く。

どうやら、江戸で質の悪い感冒の流行った年が評判になった始まりであったろうと柳田国男さんは書いています。

「これが効くよ」と、医者に処方してもらった薬を子供に飲ませれば済む私たちには思いもよらない深い思いが、幾多の伝説を作り上げたのですね。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事