めんどくせぇことばかり 『レイヤー化する世界』 佐々木俊尚
FC2ブログ

『レイヤー化する世界』 佐々木俊尚

ずいぶん前から、本のランキングの上位に入っていて気になってはいたんだけど、『レイヤー化する世界』という題名。おまけに、副題が『テクノロジーとの共犯関係が始まる』。ということで、私には無縁の世界の本だろうということで、敬遠。ところが先日、本屋の店先で、つい手にしてペラペラっと・・・。そしたら何!世界史の本じゃないですか。それも“通史”。これは読んでおかなくちゃ。もう・・・、ややこしい題名つけるのやめてほしいな。近頃、何でもかんでもカタカナ言葉にしやがってさ。チョッピングボードってなんだよ リテラシーとかいいかげんにしろよ ・・・、そんな私が“レイヤー”ってな本を手にするわけがない。

『レイヤー化する世界』 佐々木俊尚『レイヤー化する世界』 佐々木俊尚
(2013/06/05)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る
テクノロジーとの共犯関係が始まる


この本にたどり着くのが遅くなってしまった原因の“レイヤー”なんだけど、“層”という意味みたいですね。人間で考えてみれば、「私の中に重層化されたいくつかの属性」のことを言っているようなんだけど。とりあえず、それを説明した部分。
例えば私という人間は、・・・一人の独立した人間だけれども、一方で様々なレイヤーを持っています。

日本人というレイヤー・・・ジャーナリストというレイヤー・・・兵庫県西脇市出身というレイヤー・・・愛知県立岡崎高校を卒業したというレイヤー・・・和食が好きで、料理をつくるのが日課という食の好みのレイヤー・・・登山とランニングを愛好しているという趣味のレイヤー

そういう無数のレイヤーを積み重ねていった結果として、私という個人がある。

逆じゃねえのか?って、突っ込みたくなるんだけど、とりあえずレイヤーというのはそういうものであるようで、個人はレイヤーとして存在し、レイヤーとしてつながりあっていく。つまり、切り分けられた断片として浮遊することで、それを必要とする人はいつでもその断片に手を出すことができる。断片は人格に結びついて存在しているわけではないので、気軽に結びついて、気軽に離れることができる。

一九九〇年ころから始まった第三の産業革命。情報革命、IT革命とも呼ばれる。つまりはインターネットのこと。ところが、インターネット自体は価値を生み出さない。さらに、インターネット自体は働き口を増やさない。まあ、そういうことから始まって、第三の産業革命によって決定的に変化していくということが予言されている。
プロローグ 現代-第三の産業革命が起きている
第一部   中世-多くの民族がともに栄えた帝国の時代
episode Ⅰ 十四世紀 世界を旅した果てに中国で見たもの
第一章    かつてヨーロッパは辺境の地だった
第二章    なぜ中世の帝国は滅んだのか
第二部   近代-私たちが「国民」になった時代
episode Ⅱ 二十世紀 革命と戦争、そして幸せな家族の日々
第三章    「国民」は幻想からやってきた
第四章    「民主主義」という栄光
第五章    崩壊していく民主主義と国民国家
第三部   未来-〈場〉の上でレイヤー化していく世界
episode Ⅲ 二十一世紀 金鉱掘りの新しいテクノロジー
第六章    すべては〈場〉に飲み込まれる
第七章    レイヤー化する世界
第八章    「超国籍企業」が国民国家を終わらせる
第九章    新しい世界システムと私たち
 

私は競馬が大好きですが、それだけに未来を予想する人を見ると、胡散臭く思ってしまう。この本の著者の佐々木俊尚さんにそんな感情を向けるのはお門違いだろうが、第三部の『未来』に関しては“競馬の予想をしている井崎脩五郎の話”を聞く時と同じ程度の真剣さで読みました。

第一部『中世』と第二部『近代』は面白かったです。“歴史は現代を把握し、将来に生かすためのもの”という視点がしっかりしているから、とても面白く読めます。細かな記述の乱暴さは多々あるようだけど、そんな些細な事よりも通史としての世界史の構造をしっかり抑えていることに価値があると思う。一部と二部だけで、もうちょっと肉付きのいい本にしてもらいたかったな。

第三部〈未来〉は、ちょっと遠くを予想し過ぎていると思う。あんまり先を予想すると、・・・まあ、これは私にとってということだけど・・・井崎脩五郎の競馬予想と同じになってしまう。

関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事