めんどくせぇことばかり 反日の根拠(覚書) 『反日・愛国の由来』 呉善花
FC2ブログ

反日の根拠(覚書) 『反日・愛国の由来』 呉善花

中華思想
自らが世界の中心にあり、その中心から遠ざかれば遠ざかるほど野蛮な夷族たちの世界が広がる。こうした世界に安定した秩序を生み出すには、世界の中心すなわち文化の中心にある〈高等な〉中華が、周辺の〈劣等な〉夷族たちに文化・道徳を与えて感化・訓育し、中華世界の支配下に組み入れていく必要がある。

中華思想に基づいて成立する世界秩序が華夷秩序であり、夷族の王と支那皇帝との間に君臣関係を結んで間接支配するシステムが朝貢体制である。

朝貢は定期的に支那皇帝に規定の貢物を献納し、支那皇帝がそれを受け取って夷族の王を認知することを言う。この支那皇帝による国王認知が冊封である。

この朝貢関係の持続によって、支那帝国とその国との宗主国・属国の関係を維持していくことが華夷秩序に基づいた朝貢体制である。

小中華を自負する李朝
小が大に仕えることを〈事大〉という。明朝に事大した李朝は、明朝と文化的同一性を持った“小中華”であるという自負を抱くようになる。明朝が自らを中華とし李朝を含む周辺を野蛮と見たように、自らを第二の中華としてその周辺を野蛮と考えた。

ところが、李朝にとって蔑視すべき夷族である女真族が明を滅ぼして、支那に清朝を開くにいたる。李朝は現実的には蔑視すべき清朝に事大しながら、同時に内面的には清朝を蔑視し続けた。

「支那が夷狄化した以上、正統な中華主義を奉ずるのはもはやわが国にしかない」という認識から、世界で唯一の“中華”の正統な継承者であることを、大きな誇りとするようになった。これが李朝特有の小中華主義思想である。

この現実と理念の乖離は、李朝末期に自らがどんな国際状況下に置かれているかをまったく見えなくさせてしまう。今日の韓国と北朝鮮が自国をことさら誇示し、日本を道徳的に一段低く扱おうとするのも、まったく同じ症状の現れである。

同時に、北朝鮮は李朝的専制体制を“社会主義的専制”に、蔑視すべき夷狄の文化を韓国の受け入れた“自由主義”に置き換えて、韓国に対して小中華の立場をとっているのは滑稽な現象である。


『反日・愛国の由来』 呉善花    『反日・愛国の由来』 呉善花
(2013/10/16)
呉善花

商品詳細を見る
「親北」が「民族」の象徴、「反日」が「愛国」の象徴
本書の中で筆者は、韓国の反日政策の根拠に対して、日本人の陥りやすい考え違いを指摘している。それは、日本の“植民地政策”それ自体への批判から遂行されたものではないという点である。これはその通りであると思う。反日政策の根拠は日本人の行為にあるのではなく、彼らの思想そのものにあるということである。その思想とは小中華主義であり、つまり、日本人は〈高等な〉中華によって感化・訓育を施されるべき〈劣等な〉夷族であるという観念である。

その“夷族”が、こともあろうに小中華に対して“植民地支配”を行うという間違いを犯したと決めつけ、日本民族を「侵略的かつ野蛮な民族的資質」を持つ“夷族”であるという観念を新たにして“反日”を国是まで高めたのである。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
北が南に対して小中華思想で見ているというのが面白いですね。

結局20世紀の初めから日本は朝鮮人に「差別されて」きたんだと思います。
「流れる星は生きている」の藤原ていは、ロシア人やシナ人と同じように朝鮮人と呼んだら怒られるので呼びようが無くて、「こちらの方」と気兼ねしながら言っていたらしいです。
朝鮮人には「謙虚」の意味は分からないでしょうね。

紺屋の鼠 さま

コメントありがとうございます。

「こちらの方」とは面白いですね。「そちら」「あちら」と使い回しましょうか。
差別される“夷族”としては、時には意識的に“野蛮”な行動も効果があると思うんですが・・・。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事