めんどくせぇことばかり アマンドラ❢『俺は書きたいことを書く―黒人意識運動の思想』 スティーブ・ビコ
FC2ブログ

アマンドラ❢『俺は書きたいことを書く―黒人意識運動の思想』 スティーブ・ビコ

ネルソン・マンデラが亡くなった。反アパルトヘイト運動の闘士としての人生だった。

しかし、私が“反アパルトヘイト運動の闘士”を一人あげよと言われれば、ネルソン・マンデラより先にスティーブ・ビコをあげる。それは二人を比較しての話ではない。アパルトヘイトに関心を持って読んだ本のうち、この本。このビコが書いた本が、あまりにも強烈だったからだ。


俺は書きたいことを書く―黒人意識運動の思想』 スティーブ・ビコ俺は書きたいことを書く―黒人意識運動の思想』 スティーブ・ビコ
(1997/05)
スティーヴ・ビコ

商品詳細を見る

アマンドラ❢
一九九七年の本だけど、私はもっと前に読んでいる。少なくともデクラークが大統領に就任して、アパルトヘイト撤廃に向けての動きが始まる前に・・・。正確な年は覚えてないけど。おそらく、あらためて一九九七年に出版されたんだろう。ビコの行動を焦点を当ててアパルトヘイトを描いた映画『遠い夜明け』が一九九七年だから、その前後で出版されたんじゃないかな。

マンデラが逮捕されるのが一九六二年(ウワッ、私は2歳。・・・そんなことは置いといて)。他の活動家も、多くが逮捕され、あるいは国外に逃亡して活動は沈静化する。その反アパルトヘイト運動が再び活性化するのが、ちょうどスティーブ・ビコの活動時期に当たる。

彼の提唱した黒人意識運動は、やがて大きなうねりとなり、南ア全体を覆っていく。黒人の間に広まった政治意識を背景に一九七六年の“ソウェト蜂起”とそれに対する武力弾圧は、世界の目を南アのアパルトヘイトに惹きつけることになった。ビコは“ソウェト蜂起”の翌年、一九七七年に逮捕後の拷問により脳挫傷を起こして、三十歳の若さで死んでいる。デクラークが政権につく十年前のことである。

アパルトヘイトが撤廃され、世界は何かをひとつ乗り越えた。・・・かに思えた。でも・・・。

ネルソン・マンデラとスティーブ・ビコの魂に捧げる。
アマンドラ❢




にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

映画『Cry Freedom』を観て初めてスティーブビコについて知りました。

>アパルトヘイトに関心を持って読んだ本のうち、この本。このビコが書いた本が、あまりにも強烈だったからだ。

そうなんですね。
「俺は書きたいことを書く」はとても気になっていた本でした。
ビコは彼の言葉の力で、人々をひきつけていったのですね。

是非読んでみたいと思います。ご紹介に感謝です。

ETCマンツーマン英会話 さま

コメントありがとうございます。
『Cry Freedom』が『遠い夜明け』の原名なんですね。知りませんでした。

ビコは自分と敵対する勢力を、決して過小評価していたわけではないと思うんですね。だから“覚悟”があったと思うんです。「かくすれば かくなるものとは知りながら やむにやまれぬ・・・」って言うような。
覚悟の上で、より困難な道を選ばざるをえなかった彼のような人がいたからこそ・・・。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事