めんどくせぇことばかり 『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』 小名木善行
FC2ブログ

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』 小名木善行

人類はアフリカで生まれ、一部の者はやがて長い旅に出た。様々なことを経験し、ある者はとどまり、ある者は更に先へ、北へ南へと様々な方向を目指して進んだ。ある者はとどまり、ある者は海を越えた。

ここより先へ進みようのない日本列島までやってきた者たちは、一体どんな人達だったのか。いつも敗れて、追い出された?たしかにそうだろう。あえて戦いを避けた?たしかにそうだろう。あまりにも好奇心が旺盛だった?たしかにそうだろう。未知なる世界を恐れず、挑戦する気概を持っていた?たしかにそうだろう。

戦いを好まない者たちであったことは間違いないだろう。人目を気にし、人の顔色を読むことに長けた民族的性格は、長い旅の中で身につけたものだったんじゃないかな。

あえて海をわたって辿り着いた場所は自然の恵にあふれていて、奪いあったりしなければみんなで生きていけた。そんな世界をつくり上げる能力は、長い旅の中で経験した様々な苦難の中で学び取ったんじゃないかな。

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』 小名木善行『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!』 小名木善行
(2013/11/07)
小名木 善行

商品詳細を見る
日本はとてつもなく、すごい国だった


七世紀に作り上げられた“この国のかたち”が、日本という国の原点であると筆者は言っている。天皇のもとに統一されたにも関わらず、権力を持たない権威として天皇は存在し、政治を行う権力者にそのより処となる認証を与える。天皇は常に民の安寧を願い、民はそんな天皇と心を一つにして生きる。

真似ようとして決して真似ることのできないそんな“国のかたち”は、この島に辿り着くまでの経験と、この島での縄文の経験があってこそ成し遂げられたものだったんじゃないかな。

序に変えて  勾玉のお話1 旧石器時代  三万年前の磨製石器
2 縄文時代  漆と縄文文化  3 弥生時代  縄文人と渡来人の相克
4 古墳時代  日本語の「征服」の意味5 飛鳥時代  天下の皇民
6 奈良時代  万葉の時代といまの日本の民度7 平安時代  菅原道真公の決断
8 平安時代  安倍一族と源義家9 鎌倉時代  壇ノ浦の戦いと鎌倉時代の始まり
10 南北朝時代  建武の中興と天皇の役割11 戦国時代  ザビエルの言葉
12 安土桃山時代  秀吉の朝鮮出兵13 江戸時代  貧農史観というデタラメ
14 明治時代  明治維新と南北戦争との深いつながり15 大正時代  飛行機の発明と飛行神社
16 昭和  世界を救った小麦17 昭和  インパール作戦
18 昭和  思いやりの心おわりに  千年後の歴史教科書

知らない話もたくさんあった。知っていても、これまでと違う視点を与えられたものも多かった。ほんの二百余ページの本の中でのことなので、これだけでは根拠に乏しいと思われることも多々あったが、もとは筆者の開いている「ねずさんのひとりごと」という政治ブログの一部を編集したものということなので、ブログを読ませてもらおう。

真似ようとして決して真似ることのできない“国のかたち”。時にはそれを疎ましく思う勢力もある。必ずある。私たちはそんな世界で、この“国のかたち”を守っていかなければならない。それだけじゃない。そんな特異な形を持った国が存在することに何がしかの意味を感じるなら、私たちはその責任を果たさなければならない。この“国のかたち”を疎ましく思う勢力に対しても・・・。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

おきてがみ

管理人様、大変失礼かと存じますが、
貼らせてください。

日心Oを糺す会 http://blog.livedoor.jp/t6699/

初めましてm(__)m

ねずさん仰る通り今の国体の原点は大化の改新後でしょうが、
思えば邪馬台国の卑弥呼にしても宗教的権威のみで君臨してたっぽい気配なんで、
仮に卑弥呼=天照大御神の実体説が真であるならば、始祖からして「権力をもたない権威」スタイルだったと言えるかもですな♪ 

なお太古、人と一緒に彼らが信ずる神様達も列島に漂着したはずですが、
そんな神様達も人同様共存共栄し続け、その数実に八百万!
今やイエスもブッダも列島にて他の神様達と仲良く安住の地よろしく憩ってるんじゃないかしら?などと夢想しきり(´∀`)
だって神様同士衝突ばかりな大陸より住み心地良さそうなんですもんww(;^_^A

魔除けに牛島辰熊 さま

コメントありがとうございます。

“奪いあったりしなければみんなで生きていける”って知恵は、その逆の経験があってこそだったんでしょうね。
でも、“奪い合ってこそ生き抜ける”とする力が上回らなかったからこそこの形が続いたんでしょう。実際にそういう危機もあったし、これからも・・・。

今後ともよろしく。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事