めんどくせぇことばかり 『読めばすっきり! よくわかる日本外交史 弥生時代から21世紀まで』河合敦
FC2ブログ

『読めばすっきり! よくわかる日本外交史 弥生時代から21世紀まで』河合敦

『漢書』地理志や『後漢書』東夷伝に始まって、現代の北方領土、竹島、尖閣諸島に関する問題まで、日本史の中に登場する外交問題をズラッと総ざらい。あまり触れられることの多くない渤海関係や、刀伊の入寇といった細かい部分にまで言及していて、たしかに外交の歴史を振り返るのにもいいかもしれません。

『読めばすっきり! よくわかる日本外交史  弥生時代から21世紀まで』河合敦『読めばすっきり! よくわかる日本外交史 弥生時代から21世紀まで』河合敦
(2013/07/10)
河合 敦

商品詳細を見る
かつて、日本人は老練でしたたかな外交で、国家の安定を保っていた
第一章  古代
  1. 弥生時代の小国外交
  2. 古墳時代の朝貢外交
  3. 飛鳥時代の対等外交の真実
  4. 遣唐使の開始と白村江の戦い
  5. 奈良時代の遣唐使派遣
  6. 高僧鑑真の来日
  7. 渤海と新羅の関係
第二章  中世
  1. 院政期の日宋貿易の展開
  2. 鎌倉時代と南宋
  3. 蒙古襲来と日元貿易
  4. 室町時代の勘合貿易と日朝貿易
  5. 日朝貿易の展開と琉球の中継貿易

第三章  近世
  1. 織田信長とキリスト教
  2. 豊臣秀吉の外交政策と朝鮮出兵
  3. 徳川家康の積極が以降
  4. 禁教令と外交政策の転換
  5. 鎖国政策と四つの窓
  6. ロシアの南下と日露関係の悪化
  7. 列強諸国の接近とその外交
第四章  近代
  1. ペリーの来航と不平等条約
  2. 明治政府の初期外交と国境の画定
  3. 国内危機を救うために勃発させた日清戦争
  4. 下関条約と陸奥外交
  5. 日露戦争と日韓併合
  6. ワシントン体制と協調外交
  7. 強硬外交への転換と国際連盟脱退
第五章  現代
  1. サンフランシスコ平和条約と国際社会への復帰
  2. アメリカとの、沖縄の祖国復帰交渉
  3. 日韓基本条約と竹島問題
  4. 対中外交と尖閣問題
元寇


基本的には教科書のように外交史をなぞっていて、それぞれの時代を捕まえる視点もよくある教科書的。いわゆる、戦後民主教育の枠内にすっぽり収まった感じ。でも、そういった感じは最初からなんとなく分かりますから、そうと心得て読めば、色々と教えられることもあった。

裏表紙の紹介にこうある。
日中関係、日韓関係、日露関係、日米関係、どれをとってもギクシャクしている現在。日本の外交ベタは現在つとに有名であるが、昔の日本人は極めて老練で、したたかな外交を展開して、国家の安定を保っていた。
なんか、“支那や韓国を突っぱねるばかりでなく、一歩譲って実利をあげたら”って聞こえるんだけど、たしかに歴史上はそういうこともあったけど、ことは領土問題。なんだか北京やソウルの方から呼びかけられているようで気分が悪い。

“はじめに”では、阿部正弘が圧倒的な攘夷論を押し切って開国する道を選んだって話まで出してるけど、阿部正弘には阿部正弘の功罪があって、歴史の中から都合のいい部分だけ拾いあげるのはいかがなものか。

最後にケチつけちゃったけど、先にも言ったように、勉強になる本でしたよ。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事