めんどくせぇことばかり 天女を抱こうとした釈迦(覚書)『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや
FC2ブログ

天女を抱こうとした釈迦(覚書)『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや

釈迦は天女を得ようとした
著者は、「人間は人生のそれぞれの局面にあって特定の行動を選択します。が、その選択は、すべてその局面において評価されなければなりません。釈迦は二十九歳の時に出家を選択しました。その選択は二十九歳の時点において評価すべきです」というが、まったくその通り。当時のインドに、「出家によって来世は天界に生まれ、天女を抱ける」という考えがあったなら、釈迦だけがそこから自由であったというのはおかしい。俗世のできごとかから決別したということが結果として《仏陀》となることにつながったが、出家の時点では来世の天女を抱いた天界の生活が思い描かれていたというのはとても面白い。

それにしても、『ブッダチャリタ』っていう叙事詩の中のヤショーダラーの恨み事はいいなぁ。なんかこう、ぞくぞくするものを感じる。
私の心は嫉妬といさかいを好みますが、正しい行いを好む主人は、そのことをたびたびそれとなく知って、恐れることなく楽々と怒りっぽい私を捨ててインドラの国で天女たちを得ようとしたに違いありません。

天女たちを得るために、王位と私のひたむきな愛を捨てて夫は苦行をしているわけですが、その女たちがどんな美しい姿をしているのか私には気がかりです。


『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』 ひろさちや
(2013/11/21)
ひろさちや

商品詳細を見る
信仰の立場からは、人間扱いできない二人です
仏教がインド社会から消え失せたのは・・・
釈迦が作った仏教教団をサンガといった。サンガの特徴は徹底的な平等主義で、社会的身分、職業、カーストさえも問題とされなかった。しかし、カーストを無視したこの平等主義ゆえに、サンガの構成員全員が、そのうちの最低のカーストの人間と同じに扱われた。構成員のみならず、その支援者である在家の信者まで含めて、非常に低いカーストの人間にされた。

篤く三宝を敬え
聖徳太子も、十七条憲法の二番目の項目として『仏法僧を敬え。それが命あるものの最後で、最上のよりどころである』としている。「三宝に帰依しなさい」ということだけど、驚いた。「帰依する」の本来の意味は、「避難所に逃げ込みなさい」だそうだ。仏教とは逃げ込む場所だったんだ。

仏教に逃げ込めば、もう大丈夫。そういう地位を、世間が仏教に許していた。それは権力も許していたということになるわけで、《彼岸をめざすもの》なら、かかずらわる必要もないという認識なんだろう。

ところがイエスは違う。イエスは人の世の価値観に喧嘩を売った。金持ちが不幸で貧乏人が幸せだと・・・。それは当時のユダヤ人社会のおかれた状況が、イエスという宗教者が人の世の外に立つことを許してくれなかったということなのかなぁ

エリ、エリ、レマ、サバクタニ
『わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか』・・・十字架上のイエスが神をのろう悲痛な叫びのように受け取っていたけど、旧約聖書の「詩篇」にある句だそうですね。
私の神よ、私の神よ、なぜ私をお見捨てになるのか
なぜ私を遠く離れ、救おうとせず、呻きの言葉も聞いて下さらないのか
私の神よ
昼は、呼び求めても答えて下さらない
夜は、黙ることをお許しにならない

だがあなたは、聖所にいまし、イスラエルの賛美を受ける方
私たちの先祖はあなたに依り頼み、依り頼んで、救われてきた

助けを求めてあなたに叫び、救い出され、あなたに依り頼んで、裏切られたことはない


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イーグルス16さんへ。

毎日、新聞、ニュースや本の紹介をされていますが、年間にすると一体どのくらいの本を読まれていらしゃるのでしょうか?

凄い冊数の上りますね。

昔は、良く読みましたが今は、気力がそこまで出ませんが、私は中々、要点をつかむのには、ゆっくり読まなければ理解不能の頭なんです。

毎日、凄い記事のアップ数でびっくりしているのですけれど、何かこつがあるのでしょうか?

おこちゃんちゃん さま

“速読できればいいなぁ”って思うけど…
読んでる量も、大したことないんですよ。
読むことでストレスが溜まりそうな本は読まないようにしていますしね。
それに、面白そうなところしか読まないとかね。
いい加減にしています。

超出不精が、もしかしたら原因かも・・・

暮れも押し迫って、今朝の寒さはことさら。
どうぞ、良いお年を

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事