めんどくせぇことばかり ロシア、歴史問題で支那と共闘
FC2ブログ

ロシア、歴史問題で支那と共闘

ロシア外務省は日本の安倍首相の靖国神社参拝に遺憾の念を表した。
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_27/126531624/

一月三十一日から、東京で、日露平和条約に向けての外務次官級の協議が行われる。プーチンの強権は、いくつかの国がソチオリンピック開会式に元首級を派遣しない形で抗議の意志をあらわすなどの批判を受ける反面、安部首相の高支持率とともに日露間の難問を解決するためには決して悲観的要因ではない。プーチンが二〇二〇年東京開催決定にエールを送ったことも、日露協議の良好な環境づくりにも役立っている。

もちろん楽観視ばかりではいられない。上記のように安部首相の靖国参拝に、ここぞとばかり遺憾の意を表したのも平和条約、領土問題協議に向けての牽制球だ。

露外相、対日包囲網参加でルビコン川渡る 北方領土交渉に黄信号
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140104/erp14010415300003-n1.htm

ロシアは日露平和条約で最大限の利益を引き出すことを狙っている。当然のことだ。ロシアのラブロフ外相は上記の記事で、支那の王毅外相との間に、日本に対し「誤った歴史観を正すよう促す」と共闘を約束した。ロシアはそれに先立って、ルカシェビッチ情報局長名で『参拝は第二次世界大戦下で日本の「侵略」の犠牲になった人々を苦しめる行為だと指摘した。日本と北方領土問題を抱えるロシアは「第二次大戦の結果の見直しは認められない」』というコメントを出している。これはロシアのこれまでの主張を、安部首相の靖国参拝に支那が反発しているこの機会に繰り返したに過ぎない。
以下は2012/8/16の記事に加筆修正したものです

映画『氷雪の門』は1974年上映予定で制作されたものである。残念ながらロシア(ソ連)からの有形無形の圧力によって極端に規模を縮小した公開しか出来なかった。外務省、配給会社がロシア(ソ連)と事を構えるのを避けたということか。
日本向けのモスクワ放送が、「ソ連国民とソ連軍を中傷し、ソ連に対して非友好的」という論評を流している。タス通信も「ソ連国民とソ連軍を中傷する反ソ映画」と論評した。

『霧の火 樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち』 [DVD]『霧の火 樺太・真岡郵便局に散った9人の乙女たち』 [DVD]
(2009/04/10)
市原悦子、香里奈 他

商品詳細を見る
史実をもとにしたフィクション。2008年日テレ系列で放映された単発テレビドラマ。

南樺太 日本人民間人 40万人
北海道への緊急疎開等、脱出成功 10万人
空襲や艦砲射撃、地上戦など島内での戦闘に巻き込まれて死亡した民間人 およそ2000人

大平炭鉱事件
16日、間宮海峡に面した塔路にソ連軍が上陸。塔路、大平の住民は上恵須取方面へ避難しました。ところが、「上恵須取に既にソ連兵が入った」というデマが飛ぶ。このため、大平鉱業所病院の看護婦二十三名が避難の途中に退路を断たれたと思い込み、17日早朝、全員自決を図った。避難途中に青酸カリのビンが割れ、致死量に至らなかったため手首を切った6人が死亡し、残りの17名は近くの製材工場の作業員らによって救出された。

真岡郵便電信局事件
8月20日にソ連軍は艦砲射撃を加え、上陸すると航空機で爆撃し、市民は自動小銃で無差別に殺戮された。真岡郵便電信局では女子交換員9名が「これが最後です。ソ連軍の靴音が聞こえてきます。さようなら、内地の皆さん、さようなら」と最後に発信し、服毒自決した(10名が局内で自決を図り、9名が死亡)。学校に避難していた女性たちはソ連兵の暴行にあい、さらに放火までされた。真岡では申し出があったものだけでも477人の死者・行方不明者が出た。

三船殉難事件
1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の引揚船3隻(小笠原丸、第二新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦による攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件。

豊原駅爆撃
8月22日、避難民が集まっている豊原駅をソ連航空機が爆撃した。ソ連機は逃げ惑う避難民に対して執拗に機銃掃射を浴びせかけた。

以下は、2012/1/11の記事です。
高松宮日記 第八巻   P175~P176 (※昭和20年の日記)

十月二十三日(火)雨、雲行早、曇
[上欄]〇八三〇~一四〇〇。
 靖国神社例祭。臨時大祭来月中旬行はれる筈につき、今日参拝せず。
 MC司令部にて靖国神社をなくしようと云ふ考へある由。昨今雨中に参拝者多数ありしことなど、MC司令部の認識を改めしむべき国民的祭事を証し得たるべし。之を軍国主義の表兆とは云はざるべし。 
情報会(遠藤柳作、朝鮮事情)。
夜、石渡中佐、渡辺大佐、銘刀を見にくる(一等~三等見せる)。
 〇八一五厚生大臣、戦災援護に関する放送を私にせよとの話、承諾す。但し厚生省の仕事の滞るのを云いわけするのではつまらぬ、之を機会に愈しつかりやることにしたいと話す。
 北朝鮮に侵入せる「ソ」兵は白昼街道にて通行中の婦女を犯す。汽車の通らぬため歩いて来る途中、一日数度強姦せらる。二人の娘を伴ふ老婦人はかくして上の娘は妊娠、下の娘は性病に罹る。元山か清津にては慰安婦を提供を強ひられ人数不足せるを籤引にて決めたり、日本婦人の全部は強姦せらる。強要せられ自殺せるものも少からず。男女は別にせられ男は労働せしめらる。知事其他の高官も道路清掃等をさせられつつあり。幼児の死亡するも少からず。満州より南下する列車も殆んど平壌に止められ悲惨な光景を呈しありと。その他の地はおして知るべきなり。
以下は、2011/10/19の記事です。
荒れ狂う婦女暴行
 ソ連兵の日本婦人への暴行は、すさまじいの一語に尽きる。それが十に、三歳の少女であろうとm七十近い老婆であろうと、そして、人前でも白昼でも、また雪の上であろうとも、そういうことは全く頓着しなかった。樺太の場合同様、女性たちは丸坊主になり顔を墨で塗り男装して逃れようとしたが、彼らは一人一人胸を触って女であることを確かめると引き立てていった。
 南満へ疎開した人たちが、終戦後また新京の自分の家に帰る途中、公主嶺の駅で、進駐してきたソ連軍の列車とばったり出くわした時おこった事件は、「誰も知らぬものはない事実だ」という。それは、あわてて発車しようとする日本人の乗っている列車をソ連兵が止め、女は一人残らずプラットホームに降ろされ、「白日の下、夫や子どもや公衆のまん前で集団暴行を受けた」のである。
 もとより日本女性のすべてが唯々諾々とソ連兵の毒牙に身を任せたわけではない。陵辱に耐えかねて死をもって抗議する若い婦人、暴行から身を守ろうとみずから死を選ぶ人妻もいた。例えば敦化の日満パルプKKの社宅では、ソ連軍は命令によって男と女を分離させ、一七〇人の婦女子全員を独身寮に監禁し、夜となく昼となく暴行の限りを尽くしたが、この際二、三人の女性は一斉に青酸カリによって自殺している。(戦後引き上げの記録 新版)

人類史に恥じるソ連軍の蛮行は、人の数だけ存在する。
その上に、現在のロシアは存在する。
プーチンなんぞには、その声は聞こえない。

『沈黙の四十年―引き揚げ女性強制中絶の記録』
この本にも、その時代の、ほんの切れ端が綴られている。
ああ、腹立たしい❢
上記の記事でも佐藤優氏が言っているように、この時のソ連は圧倒的な侵略者だった。“第二次世界大戦の戦果”などとクソバカバカしいことをいうなら、平和条約はいらない。そういう立場で協議に望んでほしい。

「戦勝国である我々英中は協力して日本から世界を護ってみせる」 駐英中国大使が戦勝国の絆を強調(翻訳)
http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fwww.telegraph.co.uk%2Fcomment%2F10546442%2FLiu-Xiaoming-China-and-Britain-won-the-war-together.html

上記のような支那の呼びかけは、決して無視するべきではない。これに乗っかることによって、場合によっては日本から利益を引き出すことが出来る国が実際にあるのだから。あるいは、これまでどおり日本から利益を引き出し続けたい国も・・・。

支那が自ら戦勝国を名のって呼びかける相手はイギリス?、アメリカ?、ロシア?、フランス?、オランダ?、みんなアジアを侵略し、植民地にしていた国ばっかりじゃないか。


    検証 シベリア抑留

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
氷雪の門、渋谷で四年前に公開してましたから見に行きました。
ロシアって油断ならない怖い国ですね。


http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1088.html


ラベンダー さま

《ロシア人を憎め》っていうんじゃないんだけど、あったことはあったこと、なかったことにして前に進むわけにはいきませんからね。
なにも韓国みたいにのべつ幕なし言い立てたりはしないけど、‘第二次大戦の戦果’とかって言われるんならそういうわけにはいきません。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事