めんどくせぇことばかり (覚書)『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』 菊地章太
FC2ブログ

(覚書)『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』 菊地章太

いろいろ勉強させてもらったし、いろいろ考えさせられた。それらを、ただなんとなく羅列する。

『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』 菊地章太『ユダヤ教 キリスト教 イスラーム』 菊地章太
(2013/12/04)
菊地 章太

商品詳細を見る
ユダヤ教とイスラームまで視野に入れれば・・・

民主主義
「ただ一人の神」を信じるところから平等が生まれる。だから民主主義が成り立つ。日本が異質な社会で早期に民主主義を実現できたのは、やはり“唯一の存在”を持っていたからだな。

最高神唯一崇拝
アメンホテプ四世は、太陽神アメンを中心とする侵攻を独占する神官団の力を除くため、新たな太陽神であるアテン神を“平和の恵みの神”として、他の神々の祭祀を停止した。これが一神教の最初の形態と言われるが、太陽神という具体的対象が色濃く残っており、抽象的絶対的神格には至っていない。それは最高神唯一崇拝教であって、一神教の前段階でしかない。

多神教にまみれる
一神教の完成形帯であるイスラームにおいても“ジン”という聖霊の存在は残った。カトリックは聖母崇拝や聖者崇拝が盛んである。町には守護聖者がおり、職業ごとに守護聖者がいる。一神教は多神教世界に戦いを挑みつつ、多神教にまみれた。

福祉の始まりはユダヤ教
ユダヤの「仮庵祭」はエジプトを逃れたイスラエルの民が荒れ野で天幕生活を続けた日々を偲ぶ祭りで、「過越祭」とともに苦難の日々を思い出すとともに、今も続く同胞の苦難を支えあうことが求められる。これがユダヤ社会において福祉事業が発展する基板となった。貧しい家庭でも「過越祭」のごちそうの心配はいらない。こうして世間から迫害を受けながらも、彼らはまとまりを失わずに来られた。

ユダヤにおける福祉の精神はイスラームに引き継がれた。近世キリスト教における福祉事業の多くは、イスラームにおいて発展したそれを継承したものである。

選ばれない民
創世記(21/17~18)「ハガルよ、どうしたのか。恐れてはいけない。神はあそこにいる子の泣き声を聞かれたのだ。立っていきなさい。子を抱き起こし、あなたの腕で抱きしめてやりなさい。私はあの子を大いなる国の民にしよう」
まさに“選民”ではなく、“選ばれなかった”イシュマイルとその母のハガルこそがムハンマドの祖先だという。選ばれざるところに出発点を持つからこそ民族宗教の枠を超えた開かれた宗教となり得た。

イブン・スィーナー
イスラーム医学の特色の一つは、病気を人の体と心の障害として捉えたことだとされる。

様々な医師もさじを投げた若き貴公子の診察を始めたイブン・スィーナーは脈をとったり尿を調べたりしたのち、グルガーンの町に詳しい男を連れてくるよう依頼した。そして貴公子の脈を取りながらグルガーンの界隈の名を上げさせた。ある界隈の名が出たとき貴公子の脈が乱れた。次に該当の界隈の通りの名を上げさせた。ある通りの名が出たとき脈が乱れた。その通りにある家の名を上げさせると、ある家の名が出たとき脈が乱れた。その家人の名を上げさせると、ある人の名が出たとき激しく脈が乱れた。貴公子は恋の病だった。

ベネディクト修道会の慈悲
六世紀のイタリアに結成されたベネディクトゥスの修道会の会則が、その後の修道会の会則の基本となった。そこでは貧しい者、老いた者、幼い者、病んだ者への慈悲が説かれた。

イザヤ書には「植えている人にあなたのパンを分け与え、家のない貧しい人々をあなたの家に宿らせ、裸でいる人を見れば着物を着せ、自分の同胞に対して見て見ぬふりをしないこと」(57/7)とある。

ルカによる福音書には「あなた方の父なる神が慈悲深いように、あなた方も慈悲深い者となれ」(6/36)とある。

アシュケナジとセファルディ
アシュケナジは九世紀頃、イタリアから大量の移住者がライン川流域のラインラントに定住した。彼らはドイツ語にヘブライ語を混成したイディッシュ語を用いた。度重なる迫害の挙句に周辺の国々に離散したが、ポーランドやロシアのスラブ語圏に移住したのが大きな流れである。移住先でも迫害は繰り返された。ロシアでのそれをポグロムという。さらにホロコーストを経て、アシュケナジの多くはパレスチナやアメリカへ移った。

セファルディはイベリア半島に移住した。ムスリム時代は彼らのもとで自分たちの文化を失わずに暮らした。レコンキスタとともにムスリムが追い詰められていくと、キリスト教とのもとでユダヤの伝統を維持しようとした。一四九二年の追放令で離散したユダヤ人の子孫は、北アフリカからバルカン半島へ、あるいはアナトリアへ移住した。マラーノ(豚)と疑われつつイベリア半島に残った者も一世紀後にはヨーロッパ各地の都市に移住した。当初多かったのはアムステルダム、ロンドン、ハンブルクなどであった。

どちらもヨーロッパの学問や芸術に貢献した。彼らの活躍なしにはヨーロッパの学問や芸術はどれほどのものを築けたであろうか。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事