めんどくせぇことばかり 慰安婦・靖国(覚書)『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・S・ストークス
FC2ブログ

慰安婦・靖国(覚書)『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・S・ストークス

産経ニュース 2014.1.31
韓国の慰安婦企画展に600人 仏漫画祭、「ひどい」「初めて知った」主張浸透の恐れも

 フランス南西部アングレームで30日に始まった「アングレーム国際漫画祭」で、韓国政府が実施している慰安婦をテーマとする企画展に約600人が訪れ、韓国側の主張に沿った展示内容をすっかり信じ込むケースも目立った。

 会場には、旧日本軍の兵士が当時の朝鮮半島の少女を拉致したり乱暴したりするといった内容の十数作品が展示された。入り口の説明文には、日本側が慰安婦問題を認めていないかのような記述もある。

 見学者のイザベル・プティさん(48)は「ひどい。娘にも見せる。日本はなぜ認めないのか」と涙を流し、ベルギー人のジャンジャック・ハロタンさん(55)は「こんな事実を初めて知った。日本が認めないのは残念」と話した。

 日本大使館は、政府による取り組みや立場を説明する文書をプレスセンターで配布した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/erp14013110270002-n1.htm

  • やられた立場の主張は浸透しやすい。
  • 東京裁判で、日本は侵略国家としての国際認知を受けている。
  • 恥知らずなまでの歴史捏造は、韓国のお家芸
すでに決着のついた問題で、本質的にこれは“韓国人の本性”の問題。つまり韓国人の内面。本書でも紹介されているが、米国会図書館の「朝鮮人に対する特別訊問」という資料に、戦争中、アメリカ軍兵士による朝鮮人軍属への訊問の様子が書かれている。それによれば、朝鮮人軍属は慰安婦についてこう答えている。『太平洋の戦場であった朝鮮人慰安婦は、すべて売春婦か、両親に売られたものばかりである。もしも彼女たちを強制動員すれば、老人も若者も朝鮮人は激怒して決起し、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう』

つまり、今現在、彼らが慰安婦のこと自体、彼らは自分の祖先を蔑んでいることになるのだが、日本をなんとか蔑みたいという変質的感情は、それにさえ優先するものであるということ。そういった韓国と、隣国として付き合っていくことがどれだけ大変なことか、それを世界に理解させることが必要である。

『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・S・ストークス『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』 ヘンリー・S・ストークス
(2013/12/02)
ヘンリー・S・ストークス

商品詳細を見る
私の歴史観は、なぜ変わったのか?

靖国問題に関しては、私は楽観してる。本書にもある通り、一九五二年、日本弁護士連合会が「戦犯の赦免勧告に関する意見書」を政府に提出したことを契機に全国に運動が広がり、一九五五年七月に、衆議院本会議で四二六名の国会議員が、赦免決議を可決した。この国会決議によって、日本から「戦犯」がいなくなった。問題は決着している。残るは戦死した英霊たちを悼む国民の意識の問題だ。よその国からとやかく言われる筋合いは毛ほどもない。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事