めんどくせぇことばかり 『革命の終焉 小説フランス革命 XII』 佐藤賢一
FC2ブログ

『革命の終焉 小説フランス革命 XII』 佐藤賢一

『革命の終焉 小説フランス革命 XII』 佐藤賢一『革命の終焉 小説フランス革命 XII』 佐藤賢一
(2013/09/26)
佐藤 賢一

商品詳細を見る
テルミドール28日、ロベスピエールらを乗せた馬車は革命広場に向かった
 

いよいよ最終巻。とは言え、あとは見届けるだけ。もちろん、ロベスピエールの最後を。エベールはともかく、ダントンを、デュムーリエを、さらにはリシュルを断頭台に送った時点で、ロベスピエールは終わっている。この時、ロベスピエールは人とのつながりを断ち切った。あとは、自身の頭のなかにしかない世界で夢想したに過ぎない。

この最終巻が《最高存在の祭典》の描写から始まるのは象徴的だ。人間の理性を絶対視し、理性への信仰が人間的価値の体現を生む。かつて人間が、見たことも聞いたこともない観念だけの世界。その最高位、ルソーの祭壇の高みで演説をするロベスピエール。

最高存在の祭典
ルソーだから、ロベスピエールは国民公会に足を運ぶ必要はない。公安委員会で議論する必要もない。ただ、ルソーの祭壇を守る預言者として、理性に導かれるに身をまかせるだけでよかったのだから。いや、それだけでなければならなかったと言った方がいい。

ルソーもロベスピエールも愛されなかった。いや、ロベスピエールは愛されてはいた。しかし、愛されていると自覚することはできなかったし、当然、その愛を選択することはできなかった。だから、愛を選択することで打ちひしがれざるを得ないあらゆる者たちを愚かしく思った。愛されていると自覚することは、過去の自分への裏切りでさえあったろう。
ダントンやデムーランとの絆を引きちぎった以上、彼は進むしかなかった。ひたすら“愛”から遠ざかる方向へ。そして、テルミドール28日。ロベスピエールはなぜ自分が処刑されるのか理解できなかったはずだ。彼が最後まで“愛”に屈服していなかったとすれば・・・。
ロベスピエール


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事