めんどくせぇことばかり ピラミッド(覚書)『逆説の世界史 1』 井沢元彦
FC2ブログ

ピラミッド(覚書)『逆説の世界史 1』 井沢元彦

古王国はメンフィスを首都とし、クフ王の時代を中心に不滅の霊魂をまつるため巨大なピラミッドが建造された。それとともに天文観測、土木建築、測地などの技術が高度な発展をとげた。
帝国書院『新詳 世界史B』平成19年文部科学省検定済
古王国時代には、ファラオは主神たる太陽神ラーの化身として崇められ、その絶大な権力は巨大なピラミッドに象徴される。
東京書籍『世界史B』平成24年文部科学省検定済
エジプトでは王が生ける神として専制的な神権政治をおこなった。少数の神官・役人などは、国土の所有者である王から土地をあたえられたが、住民の大部分は、生産物への租税と無償労働が課せられる不自由な身分の農民であった。ナイル下流域のメンフィスを中心に栄えた古王国では、クフ王らがおそらく自分の墓として、巨大なピラミッドを築かせた。これは神である王の絶大な権力を示している。
山川出版社『詳説世界史』2012(平成24年)文部科学省検定済

三つの教科書の“ピラミッド”に関連する記述をあげてみた。同じ“文部省検定済”でも、ずいぶんと書き方が違う。


『逆説の世界史 1』 井沢元彦『逆説の世界史 1』 井沢元彦
(2014/01/20)
井沢 元彦

商品詳細を見る
古代エジプトと中華帝国の興廃
『ピラミッドは墓ではない』
『ピラミッドは奴隷の労働によって造られたものではない』

それが現在の定説である。帝国書院や東京書籍の教科書は、それを前提にして書かれている。山川出版の教科書は、それを無視して書かれている。

本書には「現在、つまり2013年(平成25)年において、おそらく50歳以上の人間は、かつてピラミッドはファラオの墓であり、強制的な奴隷労働によって造られたと学校で習ったはずである」と書かれている。その通り、私はそう教わったし、長い間、そう思っていた。本書にも書かれていたけど、ずいぶん前に吉村作治さんの本で読むまではそう思っていた。でもそれは“ずいぶん前”なんだけど、上の山川出版社の教科書って書き方は穏やかだけど、“奴隷に作らせた王の墓”って言ってるよね。著作者を見たら、親分は東京大学名誉教授の木村靖二という人。

現地の人から聞きかじって、自身の著作『歴史』に誤解の種を書いたのは二千年以上前のギリシャの歴史家ヘロドトス。ピラミッドが建設されたのは、ヘロドトスがその話を聞いた時よりもさらに二千年以上前。伝聞証拠と言っても大変あやふやである。さらに、一人の王の時代に複数のピラミッドが作られたり、ピラミッド内部で王のミイラや副葬品が、痕跡すら見つかっていないことから、現在はピラミッドの建造の理由あるいは目的については、確たる定説がないというのが実情であるという。

「ピラミッドはそもそも強制労働ではなく失業対策的な公共事業として作られた」というメンデルスゾーン仮説に基づいて各種の調査が行われ、労働者に対する労災の治療施設が見つかったり、酒がふるまわれた記録、欠勤の文言のみられる出勤簿などが出土している。メンデルスゾーン仮説に近い。もはや、“奴隷労働”説は否定されたと言っていいのに。

本書がピラミッドにこだわるのは、三大ピラミッドの精緻さと巨大さにつながる高度な技術力が、なぜ社会全般の発展につながらなかったか。多くの文書が残されるなか、なぜピラミッドの目的や技術が文書化されていないのかを解き明かすため。著者はそこで、独自の理論を展開する。
それは読んでのお楽しみなんだけど、面白かったのは、そこで著者が、グラハム・ハンコックの『神々の指紋』を持ち出したこと。とにかくピラミッド精緻さと巨大さにつながる技術力は高い。その技術力を支える道具類も発見されていない。しかも、ピラミッドの目的や技術を示す文書もない。そこから著者は、『神々の指紋』に書かれた“超古代文明によるピラミッド建造”説も考慮の対象になりうると言っている。その上で著者は独自理論の展開となる。
なつかしいなぁ。『神々の指紋』。ドキドキしながら読んだもんなぁ。
1996年の本だ。たしか超古代文明のありかは南極大陸だったよな。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私や息子の時代とも、歴史の教科書は 随分と内容が違うそうですね~。

いえ、このように、出版社によっても、受ける印象が違うのですね?

神々の指紋は、面白いですから、真実か間違えかは、さておいても、はまりましたし、スフィンクスに洪水の跡が残っているなど、ポールシフトにも、興味が湧いたし、信じている部分がありますが、コレって、洗脳されているのかしら?

おこちゃんちゃん さま

『逆転の世界史』で井沢元彦氏は、ピラミッドについて何も書かれていないのは、古代エジプトに言霊信仰が濃厚にあったからだという説を唱えてます。さらに、それが王家の秘術であったからこそ、ピラミッドについては書かれなかったと・・・。

『神々の指紋』…面白かったですよね。アトランティスは、南極の氷の下に眠ってるんでしょうか?

No title

こんばんは。
ピラミッドなど巨大建造物が奴隷労働に拠って、というのは旧約聖書の「出エジプト記」に書かれた物語からの刷り込みもあるのかなと思います。映画「十戒」でもそういうシーンがありました。
でも「ヨセフ物語」にあるように、事の始まりはエジプトに入ったヨセフがファラオに認められ宰相にまでなってイスラエルの民を呼び寄せた所から。
エジプトに飢餓から救ってもらったのに、移住させてもらったのに、後に奴隷扱いされたーと因縁付けるようになったんですね。
あれ?どこかの国に助けてもらっていながらモンク付けてる人達みたい・・

旧約聖書という1民族の神話的物語でしか無い物が事実化されてしまうって事もあるのかなと思いました。

紺屋の鼠 さま

キリスト教が最終勝者となりましたからね。同時代にあって、イエスの奇跡をあまりにもバカバカしいと相手にもしなかったエピクロス派は、堕落した猥褻集団と決めつけられてしまった。

日本が力を落として発言力を失えば、品性お下劣な野蛮民族と呼ばれるでしょうね。・・・あの国に・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事