めんどくせぇことばかり 『おうちで楽しむ日本の行事』 広田千悦子
FC2ブログ

『おうちで楽しむ日本の行事』 広田千悦子

本当はもう少し大人っぽいものを期待していた。

この本は子供向けの本ってわけじゃないし、むしろ大人が読んでもう一度日本のよさを再確認しましょうよって感じの本。大人が読んで、自分自身でも楽しめるし、ああこんな行事を子どもと一緒に楽しんで、日本の文化を子供に伝えてやりたいなって心底思う。

実は前から、男と女という意味で“大人”向けの季節のうつりかわりや行事を楽しむ本を、どなたかまとめてくれないかなって思ってた。まあ、いくら何でもこの題名だからね。『おうちで・・・』という題名で、“男と女”を期待する私が悪いだけなんだけどね。

『おうちで楽しむ日本の行事』 広田千悦子『おうちで楽しむ日本の行事』 広田千悦子
(2011/11/29)
広田 千悦子

商品詳細を見る
日本の暮らしのよさを知る
あっ・・・。初っ端から、せっかくの本にケチつけてるように取られちゃうかな。決してそんなことない。私も子供が小さい自分は、この手の本に大変お世話になった。自分が子供の頃に親と一緒にやったこと、“こんなことやったよなぁ”って覚えはあっても、細かいところやその意味が分からないってことも少なくなかったからね。こういう本読んで、「こうするとうまくいくよ」とか、「こういう意味があるんだよ」とか・・・。なんか、もうなつかしい思い出だな。

このブログを読んでくれている人の中に、そんな立場の人がいるかな。“いる”と思って、本の内容を紹介しとくね。
一月 睦月四月 如月三月 弥生
お正月の遊び
新春のごちそう
墨匂いと書き初め
七草とおかゆ
鏡開きとおしるこ
野草でご飯のおとも
豆まき、太巻き、節分
針仕事と針供養
早春のよもぎと金柑
ウグイスの初音と初午
旬のタケノコ三昧
ひな祭りにちらし寿司
桃の節句とお飾り
春のお彼岸とぼた餅
*風の名前
四月 卯月五月 皐月六月 水無月
草花遊びいろいろ
お花見とおむすび
街で見かける春の鳥たち
小さな自然ビオトープ
野点日和
柏餅と菖蒲湯
端午の節句と鯉のぼり
大潮には潮干狩り
八十八夜は新茶の季節
*花の名前 *魚の名前
衣替えシーズン
梅雨の楽しみ
ホタルの光
梅づくし
新ショウガの恵み
七月 文月八月 葉月九月 長月
夏を知らせるセミの声
七夕に願いごと
暑中お見舞い申し上げます
夏の夜の打ち上げ花火
お祭わっしょい
浜辺でスイカ割り
浴衣でお出かけ
お盆のおもてなし
夕涼み、暑気払い
夏の手作りおやつ
散歩がてらのビーチコーミング
お月見とお団子
秋の夜長と影あそび
せいろで蒸しご飯
南へ帰るツバメたち
十月 神無月十一月 霜月十二月 師走
俳句に楽しむ
木の実集め
秋の訪れ虫の声
七輪で焼きサンマ
*月の名前
体のお手当
色いろいろモミジ狩り
寒い日の湯たんぽ
焼き芋は王様
*和菓子のなまえ
みんなでお鍋
冬を乗り切るカボチャとゆず湯
お正月の準備
おそばで年越し
除夜の鐘、おごそかに

うわっ、十分大人の本。私の期待する“男と女の十二ヶ月”まで行けそうな要素も、部分部分ではあるけれども感じられた。誰かはっきりそちらに方向付けて書いてくれないかな。そんな部分を拾い読みしただけだけど、結構生活上のヒントを得ることができた。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

読書ログ さま

お声かけいただき、本当に有難うございます。
ただいま、御サイトを訪問させていただきました。
とても面白いですね。
皆さんの上手なレビューに臆したり、既載の記事からの投稿でもいいのかとか、いろいろ考えてしまいました。
とりあえず、只今は仕事が忙しくて寝る間を削ってブログの更新に追われている有り様。
仕事の先行きが見えた時に、もう一度ゆっくり考えさせていただきたいと思います。
返信で失礼ですが、とりあえず、御礼まで・・・。

ご返信ありがとうございます。

当サイトを見てくださったのですね!
ありがとうございます。
またお時間のある時にでも、ぜひ遊びにいらしてください。
スタッフ一同、お待ちしております。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事