めんどくせぇことばかり 『10年後に食える仕事、食えない仕事』 渡邉正裕
FC2ブログ

『10年後に食える仕事、食えない仕事』 渡邉正裕

これからの時代はグローバル化だ、皆が英語を操って世界を開いてに丁々発止のビジネスを展開しなきゃいけない、キャリアアップして世界に通用する人材にならないと生き残れない。
そんな言葉に踊らされて追いまくられ、疲れきってしまうなんてバカバカしい。冷静にグローバル化によって起こりつつある変化を分析し、自分にふさわしい仕事の分野を過たず、適切な努力で能力を高めていこう。そういうことが書いてある本。
『10年後に食える仕事、食えない仕事』 渡邉正裕『10年後に食える仕事、食えない仕事』 渡邉正裕
(2012/02/03)
渡邉 正裕

商品詳細を見る
グローバル時代、世界70億人の仁義無き戦い
無国籍ジャングル分野
  • 世界70億人と仁義なく戦い
  • “超成果主義”の世界
  • 勝ち残れば青天井
  • 才能も運も必要
  • 顧客と直接接点のない職種が多い
グローカル分野
  • 日本人の強みを生かしつつ、高付加価値スキルで勝負
  • 日本市場向けの高度専門職
  • 高度な日本語と日本での人的ネットワークを活かす
  • 「士」業など
重力の世界分野
  • グローバルの裁定給与水準に収斂されていく
  • 平均賃金が日本の20分の1のインド人、中国人と勝負
  • 低付加価値なブルーカラー職種が多い
ジャパン・プレミアム分野
  • 日本人ならではの高いサービスマインド、職人気質、チームワーカースピリットを生かす
  • 「同じ日本人」という信頼感を活用した対面のサービス
  • 営業マンや旅館の女将など
これは著者が作った『グローバル時代の職業マップ』なるもの。“重力の世界”に吸収されるようなことがあろうと所詮は自己責任・・・、なんてバカなこと言っていられない。現在進められつつある“グローバル化”というのが間違っているとしか言い様がない。報酬に偏在があるのは当然としても、程度がある。

イギリスは奴隷貿易を食い物にして派遣を築いた。アメリカは黒人奴隷、そして移民の低賃金を食い物にした。今、支那は農民階級という低賃金の、言わば国内奴隷を食い物にして成り上がろうとしている。“グローバル化”というのは、世界にあまねく低賃金労働を効率的に利用し、IT化で中間層まで切り崩してしゃぶり尽くそうとするものか。
第1章  今なにが起きつつあるのか
第2章  「日本人のメリット」で食える仕事の条件
第3章  各エリアの職業とその特徴
第4章  判定チャート・・・10年後、あなたの仕事はどうなるのか?
第5章  10年後の生き残り方
第6章  10年後の「日本人の雇用」
おわりに  「頼れるのは自分だけ」の社会で

日本はTPPに参加する。もうそれは間違いない。でも、現在進行している“グローバル化”は、日本人の生き方にはそぐわない。交渉の過程、さらにうちから主導することでその道筋を正す可能性を探るべきだ。だいたい、グローバル化・グローバル化というが、現状では言葉通りのグローバル化など成るはずがない。

食うや食わずの“重力世界”に依存したそれが成った時、日本人は正常な日本人的信仰心を失っているだろう。なら、イスラームも失われているのか。ありえないだろう。もしそういう世界をつくりあげたいと思うなら、現在以上のテロと暴力に満ちた世界を覚悟することになる。

たしかに、この本に書かれている傾向が今より進んでいくことになるだろうが、“おわりに”にあるような「頼れるのは自分だけ」の社会など、誰も望んでいない。それに日本人はこれまでも、『グローバル時代の職業マップ』の中の右側の二つ、「グローカル」と「ジャパン・プレミアム」の分野で生きてきたのではなかったか。

大学3年の息子に進めようかと思って読んだけど、「自分一人で生きているわけじゃない。世のため、人のため、日本のため、世界のためを思って、一生懸命働くことを考えて将来の仕事を選びなさい」って言ってやればそれで済みそうな気がする。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事