めんどくせぇことばかり 『横須賀歴史読本』 
FC2ブログ

『横須賀歴史読本』 

今度、横須賀を歩きに行く。30年以上前に座り込みに行った時に、趣旨とは逆に三笠に感動し、以後、三笠を見るために何度か横須賀に行った。今度は横須賀の街を歩きに行く。どうせならしっかり調べてからと思って、ガイドものの本を何冊か購入。旅のお供は、この本でいい。
『横須賀歴史読本』 『横須賀歴史読本』 
(2011/10/19)


商品詳細を見る
読む・見る・歩くおとなのための街歩きガイドブック
横須賀古写真帳・・・レンズがとらえた横須賀の幕末・明治・大正・昭和
【スペシャルインタビュー】小泉純一郎(元首相)
歴史を体感できるイチ押しスポット
  • 記念艦「三笠」
  • 観音崎砲台
  • 軍港めぐり
  • 猿島
  • 浦賀ドック
横須賀の絶景スポット
【横須賀再発見インタビュー】福本伸行(漫画家)
【姿を変えて発展する横須賀の歴史を読む】
  • 外交と経済を担った江戸の番人・・・横須賀の幕末
  • 近代日本を支えた海軍の街・・・横須賀の明治から昭和
エリア別横須賀史跡ガイド
【中世の横須賀探訪】
  • 源頼朝の挙兵を助けた中世の名族、三浦一族の史跡
  • 中世に花開いた仏教美術、横須賀の秘仏
【コラム】横須賀とっておき情報
  • JR横須賀駅
  • 横須賀美術館
  • 東西の叶神社
  • 大楠山
  • 走水水源地の湧き水
  • どぶ板通り
一度は行きたい㊙スポット
  • 米海軍横須賀基地・・・横須賀の中のアメリカ
  • 知られざる旧海軍施設
  • 防衛大学校・・・未来の自衛隊幹部たち
編集部おすすめコース紹介 横須賀歴史散歩
  • 坂の上の雲コース
  • 幕末維新コース
  • 日本海軍コース
歴ドル美甘子とゆく 女性も楽しめる横須賀歴史紀行
グルメ&レストランガイド・・・海軍カレー、ネイビーバーガー、チーズステーキ・・・
お土産市場・・・自慢できる思い出のアイテムを見つける
ホテルガイド・・・絶景・夜景・オーシャンビューを味わう
京急電鉄ひと駅散歩・・・各駅停車でのんびり探索
気ままに旅する路線バスガイド
一年中楽しめるイベント巡り
もっと横須賀を知りたい人に
  • 有名人から知られざる人まで・・・横須賀ゆかりの人物事典
  • マニアックだけどおもしろい・・・記念碑を訪ねる
  • 横須賀まるわかり年表
  • 友好都市 愛媛県松山市/福島県会津若松市
  • アクセスガイド 横須賀の行き方・めぐり方
  • インフォメーション

ご丁寧に・・・自分に敬語使っちゃうけど・・・目次を詳しく紹介。どう?魅力的でしょ。

まずは、【姿を変えて発展する横須賀の歴史を読む】をしっかり読んで、“編集部おすすめコース紹介 横須賀歴史散歩”の「日本海軍コース」。でも、足の悪い私にはちょっと厳しい。ということで、私向きのコースはその前半の半分だけ。

JR横須賀駅→ヴェルニー公園→ダイエーショッパーズプラザ横須賀ベイサイド→軍港めぐり
→横須賀ベイサイド→ドブ板通り散策→三笠公園→猿島→三笠公園

やっぱり記念艦「三笠」ははずせない。・・・他は、日を改めて・・・。




にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事