めんどくせぇことばかり ヴィーナスの誕生(覚書)『この絵、どこがすごいの?』 佐藤晃子
FC2ブログ

ヴィーナスの誕生(覚書)『この絵、どこがすごいの?』 佐藤晃子

そうそう、『怖い絵』の1・2巻を探してたんだ。おかげさまで2巻が見つかった。でも、1巻は見つからない。 その代わりに見つかったのがこの本。『怖い絵』が面白くて、同じような本を探しててこの本に目をつけたんだ。・・・で、きっと『怖い絵』と一緒に押入れに放り込んで・・・、決して安くない本なのに・・・、きっとボーナスの時かなんかにまとめ買いして、他の本読んでるうちに忘れちゃったんだな。・・・言い訳が長いな・・・

『この絵、どこがすごいの?』 佐藤晃子『この絵、どこがすごいの?』 佐藤晃子
(2012/03/23)
佐藤 晃子

商品詳細を見る
名画の秘密と鑑賞のルール
表紙の絵は、もちろん"ヴィーナスの誕生”。『怖い絵』でも紹介した。おんなじ絵の謎解きだから、おんなじようなことが書かれるわけだけど、ちょっとした視点の違いもあって、おもしろいのでちょっと紹介。
ヴィーナスの誕生まずはこの構図。ヴェロッキオの“キリストの洗礼”をもとにしたという説があるという。んん~、たしかに。中央にイエス・キリスト、左に二人の導きの天使、右に洗礼者ヨハネ。キリストの洗礼
イエス・キリストがヴィーナスに、二人の導きの天使がヴィーナスを岸辺に運ぶ西風ゼフュロスとクロリスに、洗礼者ヨハネが裸のヴィーナスに衣をかけて迎え入れる時の女神ホーラに置き換えられている。 

そういえば、ヴェロッキオ親方は導きの天使を、弟子のレオナルド・ダ・ヴィンチに描かせたんだよね、たしか。うまいもんね、その部分だけ、よけいに。
それからヴィーナスのポーズは“恥じらいのヴィーナス”という古代の彫刻からの借用だそうだ。右手で乳房を、左手で股間を隠す仕草は定番のものだったらしい。ヴィーナス
 

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事