めんどくせぇことばかり 『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』 高山正之
FC2ブログ

『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』 高山正之

クリントン・ドクトリン
我々がボスニアのこのまたはその谷に誰が住んでいるかやアフリカの角の低木林地、またはヨルダン川の干からびた土地を誰が所有しているかについて本当に何の利害もないというのは容易なことである。しかし、我々の関心の本当の基準は本当に小さなまたは遠く離れた、または我々がその名前を発音することが厄介なこれらの場所にあるのではない。我々が尋ねなければならない疑問は、紛争の傷口が広がることを放置した結果が我々の安全保障にどう影響を与えるかなのだ。すべてのことやあらゆるところで我々はすることはできないし、本当に、我々はすべきでない。しかし、我々の価値観と我々の権益が危うくなっていることや、我々ができることで違いを生み出すことができることは、我々はそうすべく準備しておかなければならない。
分かりずらい訳ではあるけど、要はアメリカ人の利益を最優先するということ。日本に関して言えば、「できる限りむしりとれ米政府は最大限の応援をする』ということ。

『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』 高山正之『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』 高山正之
(2008/08)
高山 正之

商品詳細を見る
不適切なクリントンの時代、大変だったんだな
本当にクリントン時代ってひどかったんだな。ジョージ・ブッシュになって救われたと思ったら、民主党のオバマ政権では、またトヨタバッシング。クリントンの頃は、トヨタだけじゃなくてダイセル、三菱自動車、東芝、旭光学・・・、日本企業は軒並みやられたという。

なんかアメリカ人って、本当に支那人によく似てるよなぁ、性格が・・・。



アメリカの新聞博物館(Newseum)が二十世紀最後の年に全米のジャーナリストを対象に、「二十世紀最大の事件ななにか」というアンケート調査をしたという。もちろんこの本に書いてあったことだけど・・・。これも面白かった。
  1. アメリカは広島・長崎に原爆を投下し、日本が降伏して第二次世界大戦が終結した。1945年。
  2. アメリカ宇宙飛行士N・アームストロングが、月面に着陸した。1969年。
  3. 日本軍がパール・ハーバーを奇襲し、アメリカは第二次世界大戦に参戦した。1941年。
  4. ライト兄弟が、最初の動力飛行機で飛行した。1903年。
  5. 女性が参政権を獲得した。1920年。
  6. ジョン・F・ケネディ大統領が、ダラスで暗殺された。1963年。
  7. ナチのホロコースト判明。1945年。
  8. ヨーロッパで、第一次世界大戦が勃発した。1914年。
  9. 白人と黒人の共学が始まる。1954年。
  10. アメリカ株式市場の株大暴落で世界大恐慌が起きる。1929年。
19世紀中ごろ、アメリカが“世界”に引きずり込んだ日本が、20世紀には白人の世界秩序に挑戦してロシアを下し、生意気にもアメリカの野望に立ちはだかって挑みかかった。真珠湾を攻撃され、フィリピンを奪われて、一時は太平洋を奪われかけた日本を、アメリカは物量で粉砕し、執拗に空襲して歳を焼き払い、最後は原爆を投下してぐうの音も出ないようにしてやった。

それがアメリカにとっての20世紀ということらしい。なんてことだ。“共産主義との確執”を感じさせる記事が一つも選ばれないとはね。そんなだから、日本が苦労したんだ。

なんか、アメリカには迷惑をかけられっぱなしだな。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事