めんどくせぇことばかり 『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 
FC2ブログ

『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 

あれっ?この絵って・・・、んんと、どこかで・・・
とかって思ったら、『日本人の知らない日本語』の人が書いた本だった。さすが日本語学校の先生。国文学にもお詳しい。 

『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る
ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

クールジャパンのご時世。どうやら、日本古典文学にまで興味を持つ外国人が出てきたらしい。「紫式部って、どんな人?」という、外国人からの悪意のない質問に氷ついたマンガ担当の蛇蔵さんが、エッセイ担当の日本語教師海野凪子さんの導きで“古典の扉”を叩くことになった。

まあ、そんなところから生まれた本のようです。歴史的興味から読むような本じゃないし、文学的素養の高い人は読む必要もない。蛇蔵さん同様、“作者と作品名と文法を丸暗記”で古典を終えている人が、あるいはそれ以前の人でも、“古典の扉”を叩くにはいいかもしれない。なにせ、ずいぶんと面白おかしく書いてくれているから。
第一章  清少納言 『枕草子』より・・・言いたい放題
第二章  紫式部 『紫式部日記』より・・・ぐるぐる悩む
第三章  藤原道長 『御堂関白記』より・・・男の夢コンプリート
第四章  安倍晴明 『大鏡』より・・・伝説になった高給公務員
第五章  源頼光 『今昔物語集』より・・・イケメン戦隊の司令官
第六章  菅原孝標女 『更級日記』より・・・夢見るオタク少女
第七章  鴨長明 『方丈記』より・・・家に執着する男
第八章  兼好 『徒然草』より・・・脱サラ・フリーランサー
第九章  番外編 ヤマトタケル 『古事記』より・・・暴走する悲劇



第五章の『源頼光』では、頼光は“平安のモンスター・ハンター”、頼光四天王の面々は“千年前のカラーレンジャー”だって。レッドは渡部綱、イエローは坂田金時。・・・これにはいろいろなご意見が飛び交いそう。

江戸時代には架空の二世が戦うニュー戦隊バージョン金平浄瑠璃につながり、元祖キャラクター商品として“きんぴらごぼう”が登場したとか・・・。

まあ、面白く読めることは間違いないな。

    
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事