めんどくせぇことばかり 朴槿恵の評価(覚書)『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 
FC2ブログ

朴槿恵の評価(覚書)『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 

呉善花さんは、最初から警告していた。「朴槿恵に期待してはいけない」と。

・・・にも関わらず、私は期待してしまった。世の論調が朴槿恵に失望してからも「朴槿恵を見くびるべきではない」と、朴槿恵への期待をやめなかった。でも、さすがに諦めた。諦めざるをえない、ここまでひどくては。
『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』  『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 
(2013/12/12)
呉 善花、石 平 他

商品詳細を見る
呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃
私が朴槿恵に期待したのは、彼女が1952年生まれの62歳で韓国大統領としては新世代であること。強引な手法で韓国経済を引っ張りあげた朴正煕の娘であること。そして何よりも、まずは母を、そして父をも殺されたにもかかわらず、同じ政治の世界を志し、艱難辛苦の果てに大統領の地位についたこと。私は、強靭な精神に裏打ちされた冷徹な現実主義的政治家の姿を、胸の中に育て上げてしまった。


いま考えれば、父親の朴正煕の存在があまりにも大きかったということだろう。朴正煕が暗殺されたのは1979年。私は大学2年だった。学内で付き合いのあった朝文研の連中からは、朴正煕はまさしく悪魔として認識されていた。同時代に発行された李恢成の『見果てぬ夢』は、朴正煕軍事政権時代の民主化運動を描いており、むさぼるように読んだ。

併合時代、朴正煕は日本の教育を受けて、日本軍の軍人となった。独立後、朝鮮戦争を経て、世界の最貧国の地位を続ける韓国で、軍事クーデターを起こして政権を掌握した。政権を握った彼は、強引な手法で韓国経済を引き上げた。その際、“日本”を最大限利用した。卑怯なまでに利用した。 彼は知日派ではあったが、親日派ではない。

朴槿恵に、“親日”を期待したわけではない。ただ、金大中や盧武鉉や李明博のような馬鹿なことをやってほしくなかっただけだ。父親のように日本を利用してもらいたかった。日本も韓国を利用する。そういう関係が築ける大統領であって欲しかった。

しかし、呉善花さんが言うとおり、遅ればせながらだが、朴槿恵には期待できないとようやく気づいた。でもさ。皆さんは、朴槿恵が最後の望みの綱じゃなかった?彼女を諦めることは韓国を諦めるに等しかったものだから・・・。だからこそ朴槿恵を諦めるのが遅れた。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事