めんどくせぇことばかり ベトナム人は支那人が嫌い
FC2ブログ

ベトナム人は支那人が嫌い

中国が石油掘削装置を南シナ海に設置したことに端を発するベトナムの反支那でもが過激化している。デモは暴徒化し、ベトナムに暮らす支那人への攻撃が激化しているらしい。
激しさ増すベトナムの反中運動、現地中国人はカンボジアへ避難、同国でもデモの可能性
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=88125&type=0

ベトナムの製鉄所で暴動、中国人1人死亡 100人負傷
http://www.afpbb.com/articles/-/3014999
フランスのナポレオン三世は、一八五六年、宣教師殺害を名目にしてインドシナ出兵を行い、一八六二年にはベトナム南部を植民地化した。さらに、一八八三年にフランスがベトナムを保護国化したことに対して、宗主国の清との間に戦われたのが清仏戦争である。

清は、結局ベトナムをフランスに奪われた。折から朝鮮で発生した甲申政変への対応のため、フランスとの和睦を急いだのである。清にとっては、すでにフランスに奪われているベトナムに関わることよりも、朝鮮を日本に奪われないことが重要だった。

そのベトナム、フランス領インドシナに進駐した日本軍の前に無様を晒したフランスの最植民地化に、ベトナムは抵抗した。その時ベトナムは、旧宗主国の支那ではなく、その向こうのソ連に支援を求めた。腹いせに支那は、ベトナムの隣に親毛沢東のポルポトを育てる。

カンボジア内戦を通して政権を握ったポル・ポトは、毛沢東のやり方を真似して、国内の知識層を殺しまくった。後半は理由さえなく、国民を恐怖によって支配するために、ただ殺しまくった。カンボジアはもともと反ベトナム意識が強く、ポルポトはベトナム領に侵攻して、そこの住民まで殺しまくった。

一九七九年、亡命カンボジア人を混じえたベトナム軍がプノンペンを陥落させると、その報復として支那がベトナムに軍を進めた。こうして中越戦争が始まる。しかし、独立を目指してフランス軍、アメリカ軍と闘いぬいたベトナム軍は、強かった。支那はあっけなく敗れ、軍を撤退させる。



支那が嫌われるのもよくわかる。ベトナムにしてみりゃ支那海警の体当たりは宣戦布告に等しい行為だろう。どう見たって、支那からケンカをふっかけてるようにしか思えない。

それにしても支那は、アヘン戦争以来、一度も戦争に勝ってないんだな。もしかしてベトナムは、軍備を増強した支那に、とりあえずの手頃な相手として選ばれた可能性もある。ベトナム民衆の狂気の沙汰は、そんな危機感を微妙に感じ取ってのことかも知れない。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

毎度おじゃまさせていただきます。
いつも勉強させていただいてます。

日本相手のガス抜きがうまく行かず「手頃なベトナム」をと思うところがまあ支那らしいというのか、バカというのか。歴史歴史と騒ぐ国ほど歴史から学んでいませんね。東を向けば日本が怖い、北を向けばロシアが怖い、西を見たらインドに睨まれ南を見たらベトナムフィリピンが起こってる。国内に逃げ込むと国民が怒ってる。
崩壊カウントダウン絶賛加速中ですね。

MK さま

もうすぐ、6月4日。
中南海はいつも異常に警戒している。
とにかく今、支那にとっての問題は、内。その一つのピークが6月4日になるのは間違いない。
南シナ海の問題。それに合わせて起こってるような気もするけど・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事