めんどくせぇことばかり 『昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)』 福田和也
FC2ブログ

『昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)』 福田和也

 昭和天皇について書かれた本は、夥しく存在しています。
 浩瀚な伝記から、エピソードを集めた本まで、毎居にいとまがありません。
 来年度には、昭和天皇の実録が刊行されるそうです。
 にもかかわらず、歴史の専門家でもない私が、文芸評論を業とする人間が、なぜ屋上屋を重ねる事になったのか。
 それは、昭和天皇―彼の人―の視座を借りると、ありとあらゆる事件、人物を登場させることができる・・・
本書、“あとがき”にある著者の言葉。面白い試みだな。読んでみてびっくりした。昭和天皇はもちろんのこと、東久邇宮稔彦王が登場したと思えば、対極で徹底抗戦を呼びかけた小園安名大佐が、かと思えば高見順や川端康成が、ちょっと油断をすれば、支那にとどまって、ただその日を生き抜いている人々が・・・、そういった無数の人々が、まったくフラットに、同じ舞台に次から次へと登場してくる。

それらの登場人物は、次の展開に何の影響も与えずに舞台を去っていく。・・・にもかかわらず、あとには何かが残るのだ。まるで、音も立てずに雪が積もっていくように、積もっていくものがある。それは時期に、とてつもない厚みを持って、その舞台に登場したはずの人物たちの物語を飲み込んでいく。・・・たぶん、それが“時代”なのだろう。

『昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)』『昭和天皇 第七部 独立回復(完結篇)』
(2014/04/18)
福田 和也

商品詳細を見る

この本は第七部。そして完結編。仕方がないでしょ、知らなかったんだから。第一部は二〇〇八年に出てますね。熱くなって読むようなタイプの本じゃないけど、その気になったときに、より興味の持てるところから読んでみよう。
第一部  日露戦争と乃木希典の死
第二部  英国王室と関東大震災
第三部  金融恐慌と血盟団事件
第四部  二・ニ六事件
第五部  日米交渉と開戦
第六部  聖断
第七部  独立回復(完結篇)


だめだ❢ これじゃ、全部読みたい。ハハハ、・・・でも、今すぐそんな訳にはいかないし・・・、まあ、時期にね。

この書き方で、昭和天皇と相対化されると、何だかみ~んな歴史のピースとして、ただ、生身の等身大でそこに存在する。いろいろな肩書を削ぎ落とされて等身大まで相対化されると、マッカーサーあたりがよ~く見えるように思える。

昭和天皇とマッカーサーの三度目の会談の時、マッカーサーはこう言ったという。

『驚くべきことは、世界中の人々が、戦争は世界を破滅に導くということを十分に認識していない、ということです。戦争は、今や不可能です。戦争を放棄する以外に世界を救う道はありません。私は予言します。五十年後、日本が道徳的にいかに勇猛であったかが、証明されるでしょう。百年後、日本は世界の道徳的指導者になるでしょう。すべては歴史が証明するでしょう』

証明されたのは、方法論的に自分の格を高めるすべを熟知していたということ以外、マッカーサーがノータリンだったということだった。昭和天皇は、“やれやれ”と言った面持ちで、これを聞いただろう。それから、こんな馬鹿さかげんを思うと、“戦争放棄”自体、幣原喜重郎から持ちかけたことじゃないかという考えも、信憑性を持つ。

さて、とりあえずは、第六部の『聖断』かな。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

136位でスタート?

お早う御座います
今まで政治ブログランキングにいなかったのが不思議でした
何か特別な理由があったのかと想っておりました(ポリシーとか)
一枚目(50位以内)を目指してください
貴殿なら可能です、楽しみであります。

ウナ さま

本の紹介だから、本のところにいるべきなのかと思って・・・。
でも、お訪ねいただく方の多くが“政治”のところの方でね。そっちのほうが面白そうだしね。
これからもよろしくお願いします。

No title

こんばんは。
マッカーサーはそんな事言ってたんですか。
朝鮮戦争で原爆利用や満州の中共軍攻撃など考えていたらしいのに、この落差はいったい・・

紺屋の鼠 さま

なんでもいいんですよ。
自分の名声が上がりさえすればね。

あっ、そういや憲法九条にノーベル平和賞を・・・なんてノータリンがいるみたいだけど、またマッカーサーの格が上がりますね。良かった、良かった。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事