めんどくせぇことばかり 『みみずくの夜メール』 五木寛之
FC2ブログ

『みみずくの夜メール』 五木寛之


なんで昨日みたいな記事書いちゃったかなぁ。『みみずくの夜メール』で五木寛之さんの“引き揚げ”の話を読んじゃったのが原因なのはわかってるけど・・・。それにしても、それを読んだ状況が良くなかった。前に読んだ本を探そうと、物があふれて足の踏み場のない納戸で、半身を押入れの下段に突っ込んで、崩れ落ちてくるトイレットペーパーやティッシュの箱に抵抗しつつ読んだ。もともとが閉所恐怖症気味なのに、この状況は良くなかった。

にもかかわらず、時間を忘れて読みふけってしまった。特に、五木寛之さんの書いたものが好きだってわけでもないんだけど、なんだかいやに“懐かしさ”を感じてしまって・・・。

なんだか今は話題にもならないけど、子供の頃は世間のあちこちに戦争の名残があった。祭りで賑わう街角で、傷痍軍人がアコーディオン引いてたり、大人の会話の端々に“戦争未亡人”だの何だの聞こえてきたり、父の親友はが特攻くずれ”だったりね。
祖母の妹は満州からの“引き揚げ”で、子どもを向こうにおいてきた。「見つけに行って、連れてきた」って話は、いつだったか、祖母から聞いた。その人が働く中華料理屋でラーメン食わせてもらいながら。

都はるみさんが、五木さんとの対談で、「父は慶州から来たんです」ってさり気なくつけ加えたなんて話が、それこそさり気なく書かれている。だけどみんなそうだったんじゃないかな。あれだけの戦争をして、あれだけ負けた国なんだもの。右を見ても、左を見ても、み~んないろいろなものを引きずっていた。でも、凧の尻尾とおんなじで、多少は引きずってたほうが良さそうね。バランス失って、きりもみ状態で墜落してる人が、最近は多いような気がする。

 

私にとっての五木寛之さんの本は、なんといっても『青春の門』。おそらく、兄の買った本を、布団の中でこっそり読んだ。あの甘美な“罪悪感”。できることならもう一度体験したい。かと言って、いま、筑豊編を布団の中で読んでみてもなぁ。バカみたいだしなぁ。

分かった。五木寛之さんの文章に触れて、私はきっと何か感じちゃったんだ。足の踏み場もない納戸の押入れの下段に半身を突っ込んで・・・、という状況の中で、あの時の甘美な“罪悪感”に近い感覚を感じちゃったんだな。だから頭がいつも以上に反応しちゃったんだ。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事