めんどくせぇことばかり 『サイパンから来た列車』 棟田博
FC2ブログ

『サイパンから来た列車』 棟田博

倉本聰さんの『歸國』、見た?

調べたら、二〇一〇年の八月十四日に、TBSの終戦ドラマスペシャルとして放映さらたんだそうだ。面白かったよなぁ。


『サイパンから来た列車』 棟田博『サイパンから来た列車』 棟田博
(2010/08/04)
棟田 博

商品詳細を見る
これがあの、『歸國』のもとになった本


この『歸國』じゃなくて、『サイパンから来た列車』、昭和三〇(一九五五)年の本だそうだ。そんなに前か。私は生まれてすらない。物語も、日本兵たちの魂が帰ってきた“現代”はこの本が出た昭和三〇(一九五五)年だった。敗戦ののち、十年しかたってない時代だった。

それがNHKのラジオドラマで放送されたんだそうだ。それを聞いてた倉本聰さんが、二〇一〇年の“現代”に、六十五年ぶりに英霊たちを戻したわけだ。

一九五五年という“現代”に帰った英霊たちにさえ、著者は「こんな、だらしのない、腰の抜けてしまった日本には、さらさら用はない」と語らせている。二〇一〇年、倉本聰さんに言わせれば、「消費経済が世をせっけんし、義務より権利が重視され、個人の自由が優先され、国家の品格などどこかに吹っ飛んだ」“現代”に英霊たちを帰還させる。

ちなみに、原作は短編で、内容も淡白。でも、本質はしっかり受け継がれている。棟田博さんによって書かれ、倉本聰さんに踏襲されているこの物語の本質は、英霊たちの優しさだと思う。どこまで優しいんだ。できれば応えたいなぁ、その英霊たちの優しさに・・・。


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事