めんどくせぇことばかり 支那は無法地帯だった(覚書)『山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 
FC2ブログ

支那は無法地帯だった(覚書)『山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 

袁世凱没後の支那は軍閥割拠の内戦状態で、力が支配する無法地帯だった。

その認識が、日本の近現代史を考えるとき、あらゆる出来事の前提になる。袁世凱が生きていた1915年でもひどい状況であったことは、21箇条の要求にも伺える。以下は、“要求”の意義を説明する大隈重信首相の言葉である。
日本は支那に対して決して領土的野心を有する者に非ず。成るべく友誼的に相互の経済的利益を進めて行こうと云う趣旨に他ならぬのである。抑も日支両国の間には、日露戦争以来久しく懸案となって居るものが多い。本来ならもっと早く解決さる可きものが当局の怠慢なりしと、二度の革命に依り、今日まで閑却されて居った為めである。その中、山東省の問題は偶発的のものであるが、是は従来独逸が有して居った利権を、東洋永遠平和の為め、日本に移すと云うに過ぎないのである。斯く観じ来れば今回の要求は支那に対し、決して過大なる要求ではないのである。

それを理解した上で、十四の要求条項と七の希望条項を読めば、“国際法を順守し、在留邦人の安全を保証し、主権国家として最低限の義務を果たすべき環境を整える”ことを要求するものであることがわかる。つまり、それすらなかったということである。

『常識から疑え! 山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 『常識から疑え! 山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 
(2014/03/10)
倉山 満

商品詳細を見る
「研究者もどき」がつくる「教科書もどき」


袁世凱没後の支那は軍閥割拠の内戦状態で、力が支配する無法地帯だった。しかも、それは最後の最後まで続く。
第二次大戦後、南京国民政府への参画者はことごとく捕らえられ、中国の裏切り者として『漢奸裁判』にかけられる。
その中に、汪兆銘の妻、陳壁君(チンペキクン)がいた。
彼女の法廷陳述が、日中戦争のすべてを語っている。
「我々を中国の裏切り者というが、蒋(介石)の重慶派こそ国民を捨てて逃げたのではなかったか。・・・我々を日本と通謀した漢奸と呼ぶなら、蒋は米、毛沢東はソ連と通謀したではないか」
(名越二荒之助編「昭和の戦争記念館より)

汪兆銘は“支那を救うには日本との和平しかない”と考え、汪兆銘と袂を分かつにあたり、『君は安易な道を行け、我は苦難の道を行く』と書簡を送っている。ハル・ノートは日本に対し、その汪兆銘を切ってアメリカにアジアを売り払った蒋介石を支那の正式な政権と認めろというのだから話にならない。
なにかそこに、“支那”というまとまった政権があったかのように言っても、満州事変から敗戦に至る日本の歴史、さらにはその後の半島分断、支那の共産化、朝鮮戦争といった東アジアの歴史は見えてこない。当然、あれだけの犠牲を払ったにも関わらず、何の教訓も得られない。最も大きんな問題って、その事自体にあるんじゃないかな。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

支那人は中華文明、中華、漢民族、支那人、などの言葉を都合に合わせて使って自己を正当化したり、領土主張をします。二枚舌どころか舌だらけの化け物です。国家としても、民族的にも文化もきちんと継承できていない、単なる新興国なんですがねえ。

MK さま

分裂・内部抗争している時だけが周辺諸地域の幸せってんだから、参るね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事