めんどくせぇことばかり 日本史の教科書から 1
FC2ブログ

日本史の教科書から 1

日本国憲法と民主教育
[日本国憲法の制定]
 いっぽう1945年10月以後、政府部内の憲法改正の準備と並行して、各新聞も憲法の民主化を求める社説をかかげ、各政党や憲法研究会など民間団体も憲法草案を発表した。
 幣原内閣は、1946年2月、従来の天皇大権を維持することを基本とする憲法改正要綱をGHQに提出したが、マッカーサーは独自案を政府に示して受諾を説得した。幣原内閣はGHQ案を土台にした帝国憲法改正草案要綱を決定して3月に発表した。帝国議会の審議を通じて、国民主権の原則の明確化、生存権規定の追加などの修正が行われて日本国憲法が可決成立し、11月3日に公布、翌年5月3日に施行された。
 新憲法は、国民主権、戦争放棄、基本的人権の保障を三大原則と定め、国会が国権の最高機関とされた。天皇は統治権者としての地位を失ったが、「日本国民統合の象徴」としてのこされた。

下線を引いたのは私です。
この文を使って日本史の授業できますか。
                                                
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事