めんどくせぇことばかり マグナ・カルタ(覚書)『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生
FC2ブログ

マグナ・カルタ(覚書)『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生

一二一四年、現ベルギーのブーヴィーヌ平原で、フランス王フィリップ二世とイギリス王ジョンとドイツ皇帝オットーの同盟軍が戦う。この戦いはフランス側の勝利で終わった。

敗れたジョンはイギリスに逃げ帰り、フィリップ二世は宿願であったノルマンディー地方からのイギリス勢の一掃を果たした。フランスと同盟関係にあったフリードリヒ二世は、参戦はしなかったものの勝者の一人となり、敗走後にオットーの荷物の中にあった皇帝冠はフランス王からフリードリヒに贈られた。

イギリスに逃げ帰ったジョンを待っていたのは、今にも爆発しそうなイギリス国民の不満だった。フランス王との戦費だからと高額な税に我慢していた彼らだが、負けて帰った以上、もうこんな王に忠誠を尽くす必要はないと、不服従をジョンに突きつけた。誰よりも先に忠誠の継続を拒否したのは、ノルマンディー地方に領地を持っていた諸侯だった。

「マグナ・カルタ」は、一二一五年に調印された。ジョンは、王権の縮小と諸侯の権利拡大を明記した「マグナ・カルタ」に調印せざるを得なかった。

「マグナ・カルタ」は歴史上では、市民の権利を支配者に認めさせた記念すべき成果、とされている。イギリスでは、デモクラシーへの第一歩とされている。しかし真相は、こうも能力の劣る人物をトップにいだきつづけていたのでは自分たちの将来は真っ暗だ、という危機感だった。

この中で当時のイギリス国民が最も重視したのは、“王といえども諸侯の同意がないかぎり、税金をあげることも新税を立ち上げることもできない”と明記した条項であった。

『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生
(2013/12/18)
塩野 七生

商品詳細を見る
近代をめざした皇帝


「マグナ・カルタ」っていう言葉の響きにインパクトがある。やはり、世界史の授業の中では、“デモクラシーへの最初の一歩”と認識した。しかし、それが、「能力の低い王をいただいていたのでは自分たちはどうなるかわからない。あんな王に好きなようにはさせておけない」という、諸侯の切実な思いであったことはわかっていなかった。なんとなく、失意の王に、もともと対立していた諸侯がかさにかかったのかなって思ってた。いただく王の能力が、諸侯の死活に関わるのは当然なのにね。

「失地王」と呼ばれるジョン。おそらく、一世と呼ばれることは未来永劫ないであろうジョン。やはり、それにはそれだけのことがあったということだな。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事