めんどくせぇことばかり 異端裁判(覚書)『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生
FC2ブログ

異端裁判(覚書)『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生

異端裁判は、ヨーロッパの中世から近世を通じてのキリスト教会の、最大の汚点であったと言っていい。これに比べれば、十字軍遠征などかわいいものである。動機がどうであろうと他人の国に押しかけるのは褒められたことではないが、十字軍に参加した人の多くは遠征先での死という代償は支払ったのである。

反対に異端裁判の当事者たちは、安全な場所に見をおきながら、多くの人々を次々と残酷な運命に追いやることをやめなかった。自分たちこそが、神の喜ばれる聖なる業務を遂行していると固く信じながら。そして、腐敗した人間に対しては、非人道的で無神経で残酷に対処するのは当然と信じながら。

狂信の一言で片付けるには、あまりにも哀しい。ヨーロッパ史にとっては恥ずべきで憎むべき風潮であった異端裁判は、一二三二年、教皇グレゴリウス九世か設立したことからスタートしたのである。それも、皇帝フリードリヒ二世を異端と断じたのではなく、異端の恐れあり、という六〇歳の老人の被害妄想から始まったのであった。

異端裁判所がスタートした一二三二年から数えて七六八年が過ぎた西暦二〇〇〇年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世は、長年にわたってキリスト教会が犯してきた罪のいくつかを、世界に向かって公式に謝罪した。そこに挙げられた項目の一つが異端裁判であった。

『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生『皇帝フリードリッヒ二世の生涯 上』 塩野七生
(2013/12/18)
塩野 七生

商品詳細を見る
近代をめざした皇帝


中世と呼ばれる時代、西ヨーロッパの精神世界は完全にキリスト教に握られた。世俗支配層もそれを歓迎した。精神世界を一色に統一されたものを支配するのは、あまりにもたやすいことだからだ。教会組織が、決して“キレイ事”では済まないことをわかっていながら、世俗支配層はそれを利用したのだろう。そしていつの間にか、ミイラ取りがミイラになって、自らの精神も、教会に抑えこまれていったのだろう。

神を、そして聖書に書かれたことをどう解釈するか、つまり解釈権を完全に掌握したローマ教会は、だからやりたい放題ってわけだ。もちろんみんながみんな、そんな悪意を持って、やりたい放題やったと言っているわけではない。聖職者自身がミイラ化していただろうから。でもミイラ化した聖職者とは言っても、やりたい放題やれる立場にあったことは変わらない。

そういった世の中を作ってしまった以上、著者が“ヨーロッパ史にとっては、恥ずべきで憎むべき風潮”と言う異端裁判も十字軍も、必然的に起こったものであるわけだ。なかでもアルビジョア十字軍、カタリ派の殲滅は目に余る。
“使徒”あるいは“キリストの貧者”  『カタリ派』 アンヌ・ブルノン
http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-2142.html

そんな時代にも、種々の要因によりミイラ化しなかったものもいた。フリードリヒ二世もそんな稀有な人物の一人ということになる。だけど、みんながみんなミイラになっちゃった世の中では、ミイラとしていきたほうが楽だろうけどな。・・・ブルッ・・・なんだか、ゾンビが出てくる映画を思い出しちゃった。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事