めんどくせぇことばかり 『怖い絵2』 中野京子
FC2ブログ

『怖い絵2』 中野京子

『怖い絵2』 中野京子『怖い絵2』 中野京子
(2008/04/05)
中野 京子

商品詳細を見る
この絵、お好きですか?

この本から紹介するのは、ファン・アイク兄弟の『アルノルフィーニ夫妻の肖像』。教科書的に言えば、「油絵技法を洗練させたファン・アイク兄弟の代表作」って感じなんだけど、そんなことでいいの?この絵。

正直に言います。私、この絵、嫌いです。なんかさぁ、怖くってさぁ。とっても整っていて、繊細で、なんか非の打ち所のないような絵に見えて、それにしては何?この男性。アルノルフィーニ氏の不気味さ。

嫌いで、見たくないのに、見ないではいられないような、そんな複雑な気持ち。分かる?
アルノルフィーニ



この絵の中にはたくさんのシンボルがちりばめられているという。
『脱ぎ捨てられたサンダル』は「聖なる場所では履物を脱げ」という聖書の言葉で、ここが婚姻の神聖な場であることをあらわす。

『燭台に一本だけ灯るろうそく』も、中世以来、結婚の象徴。

『椅子の背に彫られた聖マルガレーテ』は安産の守護聖人。

『椅子に下げられた刷毛』は聖なる香油を振りまくためのもの。

『壁にかけられた水晶のロザリオ』・・・水晶は純血の、ロザリオは結婚の美徳をあらわす。

『犬』は繁栄と忠誠をあらわす。

『窓辺のりんご』はこの夫婦も背負っているはずの現在をあらわす。

『凸面鏡の浮き彫り』には、十のメダイヨンの十のシーン、「十字架の道行」、「磔刑」、「埋葬」、「復活」などなど、・・・でも見えない。

鏡の上には「ヤン・ファン・アイクここにありき、一四三四」は、凸面鏡に映る夫妻の後ろ姿の向こうにファン・アイクが描かれている。
確かに手の込んだ絵で、ファン・アイクの才能を思わせるが、でも、最後の仕掛けあたり、性格的にはいかがなもんでしょうね。

十四・五で結婚してなんの個性も、感情も表わさない新婦も、それはそれで不気味なんだけど、なんといっても夫のアルノルフィーニ氏だ。いったいどうしたの、この不気味さ。この本によれば、北欧の美術館にはムンクの「叫び人形」と一緒に、「アルノルフィーニ人形」も売られていたってことだから、不気味さが売りの一つであるのは最初からのものらしい。

爬虫類を思わせる残忍そうな顔は、この絵が表象する『聖なる婚姻』を完全にぶち壊している。・・・アレッ、それこそがこの絵の狙いか?


    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事