めんどくせぇことばかり 『キリスト教の創造』 バート・D・アーマン
FC2ブログ

『キリスト教の創造』 バート・D・アーマン

2011年10月にこの本を読んでの記事を書いている。
副題は「容認された偽造文書」

著者のバート・D・アーマンは、キリスト教関連の偽造文書の研究者。そのメスは聖書そのものにも及ぶ。

「その研究成果を一般向けにわかりやすく解説したのが本書」という立ち位置の本。だけど、私なんぞは聖書すらまともに呼んでないのだから当然だけど、全般を面白く読めたというわけには行かなかった。だけど、初期キリスト教の置かれた立場。文書の偽造が必要であったことの歴史性。そういった点に関しては、とても面白く読ませてもらった。

キリスト教徒の非キリスト教ユダヤ人に対する恐れが、いかに歴史に大きな傷跡を残してきたか。キリスト教徒の異教徒に対する恐れが、いかに歴史に大きな傷跡を残してきたか。

キリスト教徒の恐れは、キリスト教に対するすべての攻撃が、それへの防御をおろそかにすれば、キリスト教そのものがあっけなく雲散霧消してしまうことを理解していたからこそのものだろう。だからキリスト教は、他者に対して常に攻撃的であり、容赦なかった。

しかし、他者を完全に排除してまで守るべきキリスト教とは、いったい、それに見合う価値を持っていたのだろうか。

『キリスト教の創造』 バート・D・アーマン『キリスト教の創造』 バート・D・アーマン
(2011/09)
バート・D. アーマン

商品詳細を見る
容認された偽造文書


この間、塩野七生さんの『皇帝フリードリヒ二世の生涯』を読んで、この本のことを思い出した。一神教で、しかも寛容性を書いたそれが、いかに人々を苦しめるか。前述の過去記事の中で、最後に私は、「しかし、他者を完全に排除してまで守るべきキリスト教とは、いったい、それに見合う価値を持っていたのだろうか。 」と書いているが、やっぱり今でも同じだな。
キリスト教の本質はパウロの言ったことにあるわけで、「人の罪をすべて背負ってイエスは十字架上で死んだと、だからイエスの復活を信じるものはすくわれる」と、これを信じるか否かが、キリスト教の本質。復活という奇跡を補うために、生前のイエスまでが書きかえられたわけだ。

『キリスト教の創造』では、キリスト教徒の“非キリスト教ユダヤ人への恐れ”が歴史に残した傷跡に触れているが、その“非キリスト教ユダヤ人”への引け目を言うなら、それは非キリスト教同時代人すべてに向けての感情だったろう。『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』も前に読んだ本だけど、真理の探求を最上の喜びとしたエピクロス派は、同時代人としてキリスト教の《奇跡》に呆れ果てている。エピクロス派が耽美的快楽主義に仕立てあげられたのは、キリスト教会の腹いせでしかない。

以下は、その時書いた記事の一部です。
キリスト教は数々の嘲笑を浴びた。“イエスは不倫で生まれた子だった。父親はどこの馬の骨とも分からない男だ。イエスには神の威厳があるという主張も、彼の貧しさと、恥ずべき末路によってあきらかに否定されている。”エピクロスは神々の存在を否定しなかった。しかし、神の概念がいかなるものであれ、それが人間の祈りや儀式に耳を貸すなどと考えるのは幻想だ。なぜ神が他の生き物ではなく“人間の姿で現れる”などと考えなくてはならないのか。しかもなぜユダヤ人の姿で現れたのか。なぜ分別ある人間が神の摂理などという考えを信じなくてはならないのか。なぜ神の屈辱と苦痛に対する賛美が、傲慢な勝利主義と結びつくのか。エピクロス派の科学的原子論からすれば、また感覚からとらえた事実から考えても、受肉だの復活だのはあまりにも馬鹿げていた。

キリスト教は、その地位を完全に確立したとき、このような敵対的な嘲笑を示す表現の大部分を破壊することに成功した。エピクロス学派の初期キリスト教徒に対する嘲笑と異議が、その後、エピクロス学派が完全に消滅するきっかけとなった。キリスト教徒は、自らが学問を捨てて信仰を選択した引け目から、真理を追求することを喜びとするエピクロス派からの嘲笑を恐れた。それ以上に、魂が死すべきものであるというエピクロスの主張を認めれば、キリスト教理念の基本構造が崩壊することを恐れた。「至高の善は喜びの追求と苦痛の低減」という倫理観は、それだけでキリスト教を否定していた。

エピクロスは愚か者で、豚のような大食漢で、頭がオカシイ人物に仕立てあげられた。信奉者で『物の本質について』の作者ルクレティウスも愚かで、豚のように放縦で、正気ではなく、最後には自殺したと際限なく繰り返した。名声を傷つけるだけでは十分ではなかった。そうすることによって彼らの著作を読むことを禁じ、関心を示す人々に屈辱を与え、写本づくりもやめさせた。 

エピクロスの痕跡は丹念に消されていった。それでもそれを辿ろうとするものは、耽美的快楽主義者にしか行き着くことはできなかった。キリスト教徒は救い主の苦しみ、人間の罪深さ、父なる神の怒りについて説き、人々は、喜びは愚かで危険な悪魔の罠であると思い込むことになった。

そのようなキリスト教世界に変化をもたらしたのが、ポッジョ・ブラッチョリーニが一四一七年にその古写本を発見した、ルクレティウスの『物の本質について』であった。
 

さてと・・・、そして最初に戻る。「しかし、他者を完全に排除してまで守るべきキリスト教とは、いったい、それに見合う価値を持っていたのだろうか。 」
 

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事