めんどくせぇことばかり 『TPP 黒い条約』 中野剛志・編 『日本型雇用の真実』 石水喜夫
FC2ブログ

『TPP 黒い条約』 中野剛志・編 『日本型雇用の真実』 石水喜夫

産経ニュース 2014.7.6
労働分野で一定の前進 TPP首席会合が開始
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140706/fnc14070613100002-n1.htm

産経ニュース 2014.7.7
移民政策は「中国人受け入れ」と同義 これだけある問題点 正論トークライブで論客が討論
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140707/plc14070711300003-n1.htm

TPP後の世界に、どれだけ“日本”を残せるのか。以下、過去記事です。
TPP交渉へ日本が参加した。実際にどのような交渉が行われていくのか、交渉参加国には交渉過程についての“守秘義務”が課される念の入れようで、“蓋を開けたらアッとビックリ”が最初からお約束されている。
三木谷自民党安倍政権の目指す日本がどのようなものであるか。楽天の三木谷社長が政府の産業競争力会議の委員を務め、ワタミの渡辺氏は教育再生会議委員から自民党から参議院議員に当選する様子を見れば、歴然としている。残念ながら安倍首相の目は、いまだに“グローバル化”後には向いていないように思える。
watami.jpg

ここのところ、TPPとその背景にある新自由主義市場経済思想に関わる二冊の本を読んだ。そのうえで、現在の日本が、将来に世界経済に対して未曾有の貢献ができる可能性があることを確信した。

事実上、すでに新自由主義市場経済は破綻をきたしており、その矛盾が世界中でさまざまな問題を引き起こしている状況にあることは明らかである。すでに世界は、“グローバル化”後の世界を模索しなければならない段階に達している。

日本は明治初期において、日本語の絶対的な語彙不足が日本の近代化の足かせになっている状況で、あえて英語を公用語とはせず、翻訳によって語彙を増やし、その過程で西洋文明を巧みに日本化し、庶民にも馴染みやすいものとして、独自の文化をより豊かで多様なものにしていった。失われたものも多いが、新たに生み出された“日本的”なものも少なくなかった。各社会は、それぞれの知の伝統的蓄積を引き続き用いることができることで、多数の庶民が多様な先進の知を、大きな格差なく利用できるようになった。明治社会は、庶民までもがそのようにして能力を開花させた。それらの人々の力が結集し、大きな活力となって日本社会を発展させた。

知が「土着から普遍へ」向かうこと、つまりグローバル化を、多くの人々は発展と呼ぶが、明治初期に行われたのは、“普遍”を取り入れることで“土着”を発展させたのだ。“普遍化”を試みた国、地域は、すべて近代に埋没していった。日本のみが、他国から羨まれるような国作りに成功してきたのだ。

安定した社会的、文化的基盤を維持しつつ、外来の知を主体的、かつ選別的に取り入れ、大きな格差なく一般国民まで行き渡らせることができた。経済社会においては、正規雇用者の計画的な採用が行われ、雇用安定とともに人材育成にも大きな成果を上げた。終身雇用、年功賃金、企業内配置転換はそれを保証する制度だったのであり、それがあってこそ高い労働生産性が確保されていた。

そのような社会こそ、“グローバル化”後の世界にふさわしくはないか。

TPPは正念場になる。 TPP加入によって人の移動が高まり、これまで保たれてきた日本の社会的・文化的基盤が揺らぎ、秩序形成に関わる意識が変化、崩壊する可能性がある。治安が乱れ、格差の増大はこれまでどおりの連帯意識を失わせるだろう。雇用の流動化、不安定化はものづくりを支えた文化的基盤を崩壊させるあろう。良質な中産階級はごく少数の上層階級と多数の下層階級に別れ、社会の創造性を失わせ、活力をそぎ落とすだろう。

つまり、日本は日本で無くなるだろう。


   

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いきなり縁起の悪い写真ですね(笑)
学のない連中がまちがって儲けるとますますバカが増幅されるので困ります。

最後の青字の部分、全く同意です。

グローバルを声高に叫ぶのはバカか阿呆です。アメリカが言うグローバルはアメリカ化なので世界中の他のどの国でも使われていない単位を使う練習をしないといけません。アメリカでしか通用しない規格を世界中で使う訓練をしないとグローバル化後に困ります。

アメリカ化や英語が話せることが国際化やグローバル化だと思っている脳みそがホットな人にはまずは「お試しセット一ヶ月のアメリカ生活」をお奨めします。

ポンド、オンス、クォート、パイント、フィート、ヤード、エーカーにインチにマイルにガロンに風速マイル/時に華氏の温度、天気予報を見ても風が強いのか寒いのか暑いのか?細長の新聞、に見たこともない紙の規格にサイズがバラバラの本。アメリカ以外では通用しない「グローバル」のオンパレード、大行進。是非その目で直に確かめて欲しいです。

それでもグローバルがいいという人は是非アメリカに移住してグローバルの本家本元のアメリカ人になることをお奨めします。帰化のための試験勉強はうちの小学生の悪ガキがお手伝いします。

MK さま

まったくその通り。
ただ、今のアメリカにその覇権を維持する力があるとは思えない。
紙幣印刷型資本主義の行き詰まりは目前。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事